NIELS MOLLER 78&77/HENRY WALTHER KLEIN/JOHANNES ANDERSEN/KAI KRISTIANSEN

少し前になりますが、良い椅子達が旅立って行きました。

180417-1

 ここまでの数量が並ぶと、流石の迫力。

 あまり無いことなので、記念撮影しておきました!

 

 

 

180417-2

ニルス・モラー78番、ローズウッド、8台!

今ではかなり希少なローズウッドバージョン。やはり風格が違います。

栃木レザータンニン鞣し黒にて、張り替えました!

 

 

180417-3
ヘンリー・ウォルター・クライン、7台!

正直、こちらの方がレアです。

まだ無名に近いデザイナーのもので、また、大きな会社での生産ではなかったこともあり、生産時期も限られているのでしょう。

特上のローズウッドを使用できた時代のみのプロダクトですから、どれもこれも個性的な木目、勇逸無二の作品になっています。

こちらも栃木レザー、タンニン鞣し黒を使用!

 

 

180417-4

 

そして、ニルスモラー77番。7台。

こちらもえげつない木目のもののみで揃えています!

 

180417-5

 

こちらはヨハネス・アンダーセン。ローズウッド。2台

 

 

180417-6

カイクリスチャンセン、NO42.こちらはチーク。

どちらも同様に栃木レザーにて仕上げています!

 

 

 

 

180417-7

なかなか個性的な背もたれで、線も細くエレガントなイスです。

 

180417-8

 

カイ・クリスチャンセンはもちろん、背もたれはミシン縫い。

木栓もオリジナル同様表面に曲面をつけた仕上げです!!!

誰も気づかないところかもしれませんが、重要な部分だと思います。

 

 

まあ、よくここまで集めたもんだ、、、
ということで、もう次回入荷まで在庫ありません。。。。

まあ、集めるのも大変でしたが、それ以上に今回の納品に関しては、ビンテージからの仕上げですので、木部のがたつきを修正していただいた坂田さん。椅子張りを担当してくれた京都椅子張り職人さん達の協力が不可欠でした。

この好景気の中、たくさんお仕事がある中で、うちにも時間を割いていただいて、感謝しかありません!

 

納品先のお施主様も喜んで頂いていたら幸いです。