タグ別アーカイブ: VINTAGE

第45次買い付け報告:スウェーデン編11

買い付けの旅も終わりです。

2002018-2-1

しぶとく最後の最後もハートリエットのマーケットに行ってきました。

まあ、もうパッキング済んでるわけだし、ここで買ってもあとが面倒なだけですよ・。。。
と自分自身を納得させて。。。

 

 

 

 

2002018-2-2

結局はディーラーさんとみんなでいつものカフェにお茶しに行ったようなもの。。。。。。。

 

 

 

 

 

経費削減のための自炊も順調でした。

2002018-2-2-1

ラム肉、焼きました。

最終的な料理完成図は自主規制でお見せできませんが(汗)、見栄えよりはかなり美味しくできした。

肉がよかったんだろうな!高かったし(笑)

 

 

 

 

2002018-2-2-2

この北欧の旅の中で何回作った事だろう。。。サーモンスープ。。。

こちらも完璧の域。

 

 

2002018-2-2-3

 

スウェーデンにて、これまた共同生活をしていたバジルとディル。。。ありがとう!

食べ物に・自然に感謝!

 

 

そして、帰国1日前には念願のスコーグスシュルコゴーデンへ。

ややこしい名前ですが、アスプルンドの設計の共同墓地です。

 

2002018-2-3 2002018-2-4

この日は風がとても強く、体が吹き飛ばされるくらい!

瞑想の丘は、まさに嵐が丘のようでした(笑)。

 

 

 

 

 

2002018-2-5

小さな礼拝堂。。。

夏に来たらもっと良かっただろうな。

 

 

 

 

 

 

 

2002018-2-6

まだ時間もあったので町巡り。

 

 

 

2002018-2-7

こちらもディーラーお勧めのベーカリー。

セムラン食べおさめ。

 

 

 

2002018-2-8

帰国です。ストックホルム・アーランダエアポートにて。

そう言えばスウェーデンビール飲んでなかった。

北欧ビール飲み納め。

 

 

 

2002018-2-9

 

ヘルシンキ の空港にて、サーモンスープ。。。。ヘルシンキ 経由時の定番。

激マズの機内食に備えます。

 

やはり帰国するとバタバタで最終章の書き込みが遅くなってしまいました。

みなさまお付き合いありがとうございました。

それでは、また、京都のお店でみなさまをお待ちしております!

 

 

第45次買い付け報告:スウェーデン編10

さて!買い付けほぼ終わってから待ち受けているのはパッキング地獄!

買い付けられた数が少なくなってきているからとは言え、歳のせいもありパッキングスピードはかなり遅くなり、本当に丸丸一日(多分24時間)はかかります。

 

2002018-01

そんな室内にこもってのパッキング作業日に限って晴天!!!

気持ちの良い青空、寒いですが。。。。

せっかくですし、パッキングは少し次の日に回し、街巡り。

 

 

2002018-02

ストックホルムって、やはり私の回る北欧3カ国の中では一番都会的ですよね。

町並みも美しく、エリアによっては素晴らしいインテリアのお店や、
素晴らしいセンスのお店がたくさんあり、ほんとに参考になります。

特にストックホルムでは古いお店やカフェでも、その重厚さ、個人的には1930−40年代くらいの雰囲気のお店の作りや色使いが気に入っています。

 

 

2002018-03

好きなエリアにあるカフェ。

せっかくのストックホルムですし、少しコーヒー飲みたい時でも多少時間をかけて良さそうなお店を探します。

インテリアが素晴らしい事、お客さんがたくさん入っているところであれば、間違い無いですね。

このお店もお客さんもいっぱい入っていましたが、、、、、

 

 

 

2002018-04

みんなネットしてました。。。。(笑)

 

 

 

友人のディーラーの倉庫に買い付けた家具の最終確認に。

 

2002018-05

ハスレヴのネスト。

 

 

 

2002018-06

チークのマガジンラック。

 

デンマークの家具達もありました。

 

 

 

2002018-07

スウェーデンのソーイングテーブル。

中央から開きます。

 

 

 

2002018-08

可愛いミニチェスト。ジョイント部分も良い!

 

 

 

2002018-09

スツールシリーズ。

2002018-010 2002018-011

なんかスウェーデンぽい!

 

 

 

2002018-012

調子に乗ってスウェーデンイージーチェアー も買ってしまいました。

正直、今までよくある背板のないタイプのブックキャビネットのようなスウェーデンビンテージにはあまり興味なかったのですが、マーケットで仕入れたようなデスクや椅子のような家具やこう言ったテイストの家具であれば、デンマークビンテージ家具中心のうちのお店にも彩が増えてよくなるような気がします。

 

 

2002018-013

これもスウェーデン。バウハウスの流れですね。1920−40年代くらい。

 

またデンマーク家具なんですが、、、、、

 

 

2002018-014

モーエンス・コッホ。

 

 

 

2002018-015

なんとウェグナーハートチェアー。追加してきました(汗)。

 

 

2002018-016

あ、リンドベリの鏡も追加してきました。

 

 

 

 

 

2002018-017

 

夜は倉庫からそのままカジュアルなフレンチレストランへ。

どちらかというとバーなのかな?

お酒は好きなのですが、最近は和食というか、魚中心なのであまりワインに合わせて、チーズ。。。とか、生ハム、、、とか、食べないんですが、ここはそれしかないので、オーダー。

それが、また素晴らしく美味しかった!写真撮り忘れるくらい!(笑)

こんなにハムとチーズとワインが合うとは!

友人のディーラーのお勧めで一緒に行ったのですが、やはりネットより現地の人の情報が確か!

この店、本当におすすめ。

 

 

 

第45次買い付け報告:スウェーデン編9

収穫品の紹介続きます!

2002017-1

もうコラムでも紹介ましたが、アルフレッド・クリットガードの葉巻入れ。

 

 

 

2002017-2

 

2002017-3 2002017-4

細部に至るまで、物凄い作り!!!

デンマーク物ですが、スウェーデン・デンマーク含め、ここまで大きな作品は初めて目にしました!

 

 

 

 

 

2002017-5 2002017-6

鋳物のキャニスター。

 

 

 

 

 

2002017-7

キャンドルホルダー シリーズ。

ハンス・アルネ・ヤコブセン等々。。。。

 

 

2002017-8

どこのメーカーか忘れましたが、焼きしめのような、備前のような。

形が素晴らしい!

 

 

 

 

 

 

2002017-9

これもコラムで紹介済み。エドワルド・ハルド。グラール技法。

分厚い分、その技法がどう作られているか分かり易い。

わかりやすくても、絶対に現代ではできない技法です。
(できないというよりはやらないでしょうね。こんなコストかけて誰が買うんだ、という話。
そんな事を当時は好き好んでやっていたという話)

 

 

 

2002017-10

 

なぜか、ティモ・サルパネヴァのグラス達。

実はこれらが今回のマーケットの最初の買い付け品!

 

 

2002017-11

ナニー・スティルもありました。

 

 

 

 

 

2002017-12

カイフランクの美しいシンプルなグラスオブジェクト。

 

 

 

 

 

2002017-13

FHK。

 

 

 

 

2002017-14

 

 

 

 

2002017-15

トーステン・ヨハンソンのローズトレイ!

 

 

 

2002017-16

そして、ローズ、ボトルホルダー!

 

2002017-17

リンドベリの葉書もありました!

 

 

 

 

 

2002017-18

 

ホグランの照明

 

2002017-19 2002017-20 2002017-21 2002017-22 2002017-23

アトリエ・ファウニの人形達。。。。こんなにたくさん。。。。

みんな一緒に日本にやってきます。。。。

 

 

 

 

 

第45次買い付け報告:スウェーデン編8

少なかったですが、収穫品の紹介。

2002016-1

スティグ・リンドベリのシリーズ。エロスとローゼンファルト。
ローゼンファルトはボウル!ビージェネ初めての入荷です。

 

 

 

 

2002016-2

スピサにブルーアスター 。タヒチのティーカップ!

 

2002016-3

今回のスタジオピース 、リンドベリはこれだけ。。。。。

 

2002016-4

フリーベリもこれだけ。。。

まあ、私がみれた中で最高のものです。

リンドベリもフリーベリもマーケット中自体にはそこそこ数はありましたが、本当にこれはいいな!という物が少なく、また、値段的にも納得出る物が少なくなってます。

 

 

 

 

 

2002016-5

カリン・ビョークイストの一輪挿し。

 

 

 

2002016-6

スタルハン。

小さなボウル。セカンドでしたが安かったです。

 

 

 

 

2002016-7

リンドベリのドミノ 。

ファイアンスリーフプレート。

 

 

2002016-8

ゲフレ。

 

 

2002016-9

アラビアも少し。

バレンシアはパッキング時に一つ割ってしまった!!!!

 

 

 

2002016-10

ロールストランド のスタジオもの。

下の小さな小皿はスタルハン。

 

 

2002016-11

そして、アウネ・シーメス!

 

 

2002016-12

リサ・ハーラマ。

これ、多分ほぼ同じ物、店にある。。。。

 

 

 

2002016-13

チークのボウル。
スティグ・サンドクヴィスト。

ジョニー・マットソンなんて一つも見ませんでした。。。

 

 

 

 

2002016-14

謎のカトラリーシリーズ。

フォークのようなスプーンのような。。。

2002016-15

 

しかも片面がナイフ状になっている。。。

まあ、何かのフルーツを食べる物でしょうね。

形もカッコ良い!!素材感もよし!チーク。

こういう物がたくさん集まるといいんですけどね。。。。

 

 

 

 

 

第45次買い付け報告:スウェーデン編7

引き続き買い付け続行!
実はここは大きなイベント会場をいくつか持っている施設で、いつもは隣のもうひとまわり大きな会場なんです。
でも今年はひとまわり小さいスペース。
ディーラーの数もかなり減っていて、全体的にみても値段も高く、数も少なくなってきていて、
かなり難しくなってきているなと感じました。

 

 

2002015-01

オーレ・バンシャーの素晴らしいデスクがありましたが、さすがにこれは買えない!

 

2002015-02

デザインチェアーを一堂に並べたインスタレーションもよかったです。

 

 

2002015-03

 

 

 

 

驚きの発見!

 

2002015-04

超でかい、アルフレッド・クリットガード。

 

2002015-05

中もゴージャス!

 

 

 

2002015-06

葉巻用の小物も備える!

 

 

2002015-07

このえげつない作り!!!!

 

 

 

小物がなかった代わりに

少し家具にも注目してみました。

 

2002015-08

 

1940年代くらいのオークデスクとアームチェアーたち。

 

 

2002015-09

後ろ姿も美しい。

 

 

8時間粘りました。

2002015-010

 

会場では色々な人にありますが、中には13時間粘った!という人もいました。

こんなアンティークの業界も根性の世界です!