タグ別アーカイブ: KAIKRISTIANSEN

北欧のくらし展 ギャラリーen にて 高松

今年は高松展示の年!近づいてきました!

北欧のくらし展 高松のギャラリーen にて、今回は6月16日(水)から20日(日)!

 

 

210604-1

持っていくものを色々検討中!

 

 

210604-2

今回も家具を中心に、小物たちも多種多様に。

 

210604-3

 

いろいろ持っていきますが、今回小物の展示の中心にしようと思っているのは以前も開催しました自己満足企画展の一つ、大好評だった(個人的に)北欧の木工展シリーズ!

この災禍で一年以上買い付けに行けない中、奇跡的にも初登場のものも!

みなさまお楽しみに!

 

よく考えたら今回で五回目(え。。そうですよね?)・・・・
2年に一度ですから、足掛け10年!!!

本当にありがたいです。

 

そうなんです、記念すべき高松展示、第一回目はビージェネ10周年記念行事のひとつだった。。。、、、ということは、もしかしてビージェネ20周年?

こんな災禍の中、すっかり忘れていました。

まずは目の前のこと、しっかり頑張っていきたいと思います!

香川県の自粛期間も私が高松に到着する前日6月14日で現在のところ終了予定!!!!
いろいろな意味で楽しみです!

 

あまり大きな声ではいいにくいですが、みなさまのお越しをお待ちしております!!!

 

阪急うめだ本店 コトコトステージ71 『Enjoy plants in may style』

阪急うめだ本店7階のコトコトステージ71での、『Enjoy plants in my style』
まさかの休業要請で最後の3日間をのこした状態で残念でしたが、
無事に京都に戻ってまいりました!


開催前から緊急事態宣言が出ていたこともあり、お客様の出足にも影響があるかなと思いましたが、まあ、いつものビージェネの「密でない」状態に比べたら、本当にたくさんの方とお話しできたと思います。 (こんな状況なので、積極的な接客が出来なかったのも残念!)

皆様においても、積極的に外出できる状況でもないと思いますので、会場の様子をご紹介いたしますね。

210429-01

上下階にエスカレーターで移動する際にとても目につきやすい場所での展示!

1番の場所にハンス・ウェグナーのデイベッド、GE258 チーク丸足!!
アンドレアス・タック社のAT10と共に展示。

個人的にはかなりイケてる(笑)組み合わせじゃないかなと思っております。

チークビューローの前には、ボーエ・モーエンセンのアームチェアー。
こちらもレアアイテム、1940年代のTARM STOLE社でのデザイン。

 

 

 

 

 

210429-02

ローズウッドダイニングテーブルと、アフロモシアチェアー!

そうそう、ウェグナーのデイベッド、この椅子とも、デンマーク・ケアロップ・ヴェヴァリ社の生地を使用!!

フリッツ・シュキーゲルのブラスランプや、ラグとの組み合わせも個人的な好み。

 

 

 

210429-03

ボーエ・モーエンセンの2254ハイバックイージーチェア、フレデリシア社には、HENNING NORGAARDのローズテーブル!

奥には皆さんご承知、ハンスウェグナーCH23とRY100。
RY100もチークバージョンです!!!

 

 

210429-04

カイクリスチャンセンのローボードや、その他小家具などいろいろ取り揃えておりました。

 

 

 

その他、小物もいろいろ持ってきていました。

210429-05

 

RY100チークに。

 

 

 

210429-06

ペア・ルトゥキン、グンナー・ニールンド、カール・ハリー・スタルハン。

エリック・ホグラン、オイヴァ・トイッカ。

 

 

210429-07

ビューローの上にはカイ・フランクたち!

阪急のスタッフさんにそれぞれのデザイナーを紹介するパネルも用意していただきました!

ビージェネではこういった洒落た親切なものはなく、全て私たちの「口頭」での説明ですから(笑)、あまり北欧ビンテージデザインを知らない方でも、解りやすかったのではないでしょうか?

 

優しい阪急のスタッフさんたちに囲まれて、二週間の会期は少し長いかなー、と思いましたが、結局あっという間に終わってしまいました。

毎朝の開店前の1分間、お客様をお迎えするその音楽とちょっとした緊張感。
開店と同時に7階まできこえてくる「かいてーん!!」という声が、すでに懐かしく思われます。

また何かの機会に阪急さんに呼ばれた際には、また皆様にお知らせしますね!

 

今回は去年の時代マーケットと比べて、二週間という会期でしたので、もう思い切って大阪滞在。ホテルをその分BOOKINGCOMで予約しましたが、こんな時期だからか、そりゃまあ狭いホテルで文句も言えませんが、二週間で55000円!
これくらいの値段だったら、行き帰りの電車賃と時間を考えたらだいぶお得!!

 

 

 

210429-08

早速、ホテル近くで渋い喫茶店を見つけ、行きつけに!

モーニング、これで450円(税込)ですよ!

さすが大阪!!

 

そして大阪と言ったら。

210429-09

いつもお世話になっているELK KAFFEEさんに!
なんとか酒類自粛期間前に滑り込みました。

まさかの自分と同じ名前のウイスキーをいただきました。
しかもグラスはアアルト&ティモ・サウパネヴァ。コーヒーカップは!!!!!

 

 

 

210429-010

 

 

ほんと、もっともっと長居したかったのですが、大人しく20時で帰りました。

帰り際に名残惜しく写真撮りましたら、いい写真とれました。

 

ホームページに家具をアップしました!

ホームページに家具達をアップしました!

まずは チーク アームチェアー!!!

201222-1

 

まあ、マニアックな人にしか通じないかもしれませんが、現地で見つけた時には、カイ・クリスチャンセンか、ナナ・ディッツエルかなあ、、なんて思いましたが、、、謎です!

 

 

201222-2

 

無垢チーク材の素材感バッチリのアームと、そのデザイン!!!

もちろん、名の知れたデザイナーのもの、買うのも良いですが、、、こういった、謎な椅子ももしかしたら今後の財産になるかも(笑)。

うちのお店にも、いきなり「フィンユール、ある?」って言うお客さんいます。

もしかしたら何処かのお店では興奮ものかもしれませんが、わたしは萎えますね。

 

 

お金ないし、まあ現地でも買えないしね。

 

 

 

 

 

201222-3

 

 

といっておいて、カイクリスチャンセン!

なんなんですかね。わたしが子供の頃憧れていたスポーツカーをみている感覚です。

シャープでかっこいい!!

 

201222-4

 

あえて、少しクシャッとしたイメージですが、羽毛クッションにしてみました。

オリジナルは、ウレタンクッションです。
この椅子がクッションと共に仕上がった時に、頭の中でよくあるウレタンクッションのオリジナルイメージと重ねました。。。。

第一印象は正直、その「クシャ」感が、カイ・クリスチャンセンのペーパーナイフチェアーにそぐわないかとも思いました。

やっぱりイメージはあの、シュッとした四角いウレタンクッションが、この椅子には似合ってるかも。。。

 

ただ、オリジナルの(ただしビンテージでクッションはウレタンのヘタった)座り心地には少しがっかりします。なんか味気ない感じ。。。

オリジナルも重要だけど、、でもでも。。。。やっぱり椅子は座ってなんぼ!

思い切って、そのクシャ感でも座り心地を優先して、張り替え手配しました!!!

出来上がりは思った通りの出来栄えに!!!

 

フレデリシア&モーエンセンと同様のクッションの内部は9分割され、そのそれぞれの部屋に羽毛を詰め込むことにより、座っていても羽毛が偏らない!!!

タンニン鞣し&オイルをたっぷりと含んだ本革のクッションだからこそのクッションカバーの張り感と、内側羽毛全体にふくまれた空気が座った人間の体型に沿ってゆっくりとぬけていく抜感触が!。。。。。。。崇光の座り心地です!!!

本革の経年変化もかなり期待できます!

これまた、ペアでありますんで、やばいです。(笑)ぜひ!

 

 

 

そしてこの椅子。

201222-5

 

ローゼングリン・ハンセンのサイドチェアー!!

 

もちろんローズ。

 

その重厚感と合わせシートの張り替えに選んだのはタンニン鞣しの黒革。
栃木レザーのジーンズブラック!

 

そのシャープなイメージと経年変化は他にはない逸品です。

 

201222-6

201222-7

 

このように並べてみると、その椅子のカッコよさ、洗礼された感が際立ってきます。

素材のローズの重厚感と、無駄を削ぎ切ったミニマルなデザイン。

どこか侘び寂びすら感じられる佇まい。。。。

 

もちろんシート部分はタンニン鞣しのブラックレザー。

一流の椅子には一流の素材が合いますね。

 

またぜひ、お立ち寄りください!

 

 

 

ホームページに家具たちをアップしました!

ホームページに家具たちをアップしました。

200907-1

みんな大好き、ボーエ・モーエンセン。

迫力満点のビッグチェスト!

上部が浅く、下部が深くなっていて、使い勝手良さそう。

収納力抜群です!

 

 

 

 

 

200907-2

そしてこちらも、みんな大好きウェグナー 。

まさにシンプル・イズ・ベストを表現したようなブックケース 。

大体いつも店内には何点かブックケース を置いているのですが、なぜか皆さん、この家具を選ばれます。

「実は、ウェグナーなんですよ!」というと、皆さん一様に、「どこか惹かれるところがあるんです。」と言われます。

そうなんです。どこか、惹かれてしまう不思議な、、さすがウェグナー さん!って言いたくなります。

 

 

 

 

 

カイクリスチャンセン のチェストシリーズ!

 

 

 

200907-3

 

ローズの据置タイプ!

 

 

 

 

 

200907-4

チークのスタイリッシュな2x2チェスト!

 

 

 

200907-5

 

こちらも人気の2x2。

こちらは奥行きがあり、少し低いタイプ。

テレビ台にいかが?

 

 

 

200907-6

ケシカラン木目のローズチェスト。

調べたら、BORGE SEINDALっていうデザイナーだって!

まあ、皆さんどこの文献からこんなレア情報仕入れているんでしょうかね。変態ですね。

新しいデザイナーはうちのホームページでも登録するのですが、ここまでレアなデザイナーなので彼には申し訳ないですが、登録しませんでした。

 

 

 

200907-7

 

そして開戸キャビネット。

 

それにしてもかなりのスピード感でアップできていますね。私も頑張っています。。。。

というよりは、スタッフがどんどん仕上げてくるので、私の最終チェックで滞らせるわけにはいかないので、皆に急かされる形で頑張ってます(汗)。

 

台風の影響も関西はあまりなく、かなり風が強いだけでした。

元々かなり心配なところでしたが、九州地方にも言い方に語弊があるかもしれませんが、とてつもなく大きな被害が出なくて良かった。皆さんの備えがあったからでしょうね。

これから少し秋らしくなってくるでしょうか?

家具たちもバンバン上がってきていますので、宇多野福王子店にも皆さんどんどん予約入れてきてくださいね。

 

 

NEWに家具たちをアップしました!

家具をホームページにアップしました!

200628-1

スウェーデンでディーラーから紹介してもらったスツール。

カールマルムステン だったんですね。。。。ごめん知らずに、買ってた。。。

 

 

200628-2

こちらもそのスウェーデンディーラーから。。。

これ、タピオバーラなんですね、、しらなかっった、、、AGAIN.

 

 

200628-3

え、これは?

どちらかというと、上記のタピオバーラより好きかも。。。

 

 

 

200628-4

まさか。ペリアン、、、アクセル・エイナー・ヨート、、、じゃないでしょうね(笑)

 

 

 

200628-5

安心のデンマーク、3本足スツール!

 

200628-6

4本足。

 

 

 

 200628-8

これがビージェネ本骨頂!

GE290、ウェグナー 。

革張りでしょ!

 

 

 

 

200628-9

 

200628-10

安定の定番デニッシュビンテージ。

 

 

 

 

200628-11

これ3段チェストも持っている。

アルネ・ウォール・イバーセンだと思うんだけど、どうかな。

あまり言いたくなけど、ある意味こんな面白い作りの家具ないです。(笑)

 

 

200628-12

密かに、今ビージェネで話題のスモールチェスト !

モーエンス・コッホ張りの無垢組み合わせ。フレームもすごい!

でも一部プラスチック使い。。。。。。。。。

 

 

 

 

200628-13

ビンテージミラー。よく売れるっていうけど、うちでは普通。

 

 

 

 

200628-14

!!!

 

200628-15

みんな大好きØMスタンプ付きの家具!

四方隅の作り、間違い無いです!

 

 

200628-16

Haslev、美しいスモールテーブル。ローズ。

 

 

 

200628-17

 

愛嬌のある家具。

 

 

 

200628-18

 

ロイヤルコペンハーゲンと家具会社のコラボレーション!

 

200628-19

ヨハネス・アンダーセン!

ローズ、ソーイングテーブル!

 

 

 

 

 

200628-20

 

良いですね!スモールテーブル!

銅のマガジンラック。。。美しい組み合わせ。

 

是非皆様のご来店、お待ちしております!