「素晴らしき時代マーケット」at 阪急うめだ本店。無事終わりました!

「素晴らしき時代マーケット」阪急うめだ本店での催事出店、無事に完結できました!

遠方の方はなかなか大阪まで見に来ることも難しいですね。

また、近郊の方でもこの3連休、外出を少し自粛された方も多かったのではないでしょうか?
コロナめー!

また、みんなが自由に移動でき楽しめるような日が早く来ることを切に願って止みませんが、せっかくなので、どんな感じだったのか?報告しますね!

201129-01

会場は9階の祝祭広場でした!!

西の雄、阪急百貨店2012年の改装後、大々的にリニューアルオープンした際にこの祝祭広場はまさにストアコンセプトでもある「暮らしの劇場」を表現したとして大きな話題にもなった場所。

その祝祭広場の「30坪くらいを使ってください」と、阪急の担当者の方から。

お話しいただいた際には感じませんでしたが、改めて考えてみると、「30坪って寺町店とほぼ同じ広さ!!!」」「いや、ビージェネなんぞが、そんな使っていいんですか?」何とも嬉しいお言葉にはこちらも緊張感をもって行かなければ!

 

いざ、現場についてみると、広い!

もちろん私たちも仕込みがんばりましたが、阪急さんのいきごみもすごい!

トラスを組んで舞台作り!照明のレールもしっかり配置されている!

 

 

 

201129-02

 

こんな感じで、ビージェネレイテッドを紹介していただきました!

 

 

 

 

201129-03

阪急の担当の方が寺町のウォールユニットを見て気に入っていただき、ぜひ!と。

壁まで作ってくれました。

言われたからには持っていかない訳にはいかない!!カイクリスチャンセン!ローズバージョン!!!手入れ大変だった。。。

その正面にはローゼン・グリン・ハンセンのラウンドテーブルとヘンリー・ウォルター・クラインのローズチェアーたち!!!

 

 

 

201129-04

シャープでスタイリッシュなデザイン。
他にはないこの抜け感が、素晴らしい!(自画自賛)

 

 

 

201129-05

宇多野に長年隠していた(汗)、ヨハネス・アンダーセンのバーカウンター!

セットにはピート・ハインのバースツール!!
売りたくなくなってくる出来栄え!!

 

 

 

201129-06

コーナーにはアルネ・ウォール・イバーセンのビューロー。
ニルス・モラーのアームチェアと、カート・ウスタヴィーのキャビネット。
(もちろんローズ!)

 

 

 

 

 

201129-07

一角だけ、すこし明るいエリア。

オーレ・バンシャー。セネターチーク。

イヴァーセン・マホガニー。

 

 

 

201129-08

 

ハンスウェグナー、ボーエ・モーエンセン。

 

 

 

201129-09-1

 

グレーテ・ヤルク 3シーター。いや、ソファーセット!後ろにはアルネヴォッダーサイドボード。

もちろんローズ。

 

 

 

201129-09

えげつない木目のアルネ・ヴォッダーテーブル。
カイ・クリスチャンセン、アームチェアー6台セット!!!

 

 

 

 

 

201129-010

クレスコ、フィン・ユール。

 

 

201129-011

そして、ブワナ!!秒殺でした。

 

 

 

201129-012

そして、お宝たちも阪急デビュー。

 

 

 

18時を過ぎると、照明の光が落ち。。

201129-013

ミラーボールが回り出す!!!

ここまでしてもらっていいんですか!

 

 

 

201129-014

お宝ブースも雰囲気が出る!

 

 

 

201129-015

照明達もいい感じ!!!

 

 

 

201129-016

 

クバドリルも怪しい光を放っています!!

 

201129-017

バーカウンターもさらに妖艶に!!

 

阪急の皆様によって作り込まれ演出された空間にて、家具達と共に楽しい時間、約一週間を過ごすことができました!!

また実務の面でも、いつもとは勝手の違う百貨店式の販売方法でまごつく中、担当の方には本当にお世話になりました。

毎日食べた社員食堂のランチもおいしかった!(安いし!)

お客様の中で、おそらく70−80代くらいのお客様。
興味深そうにいろいろ見ていらっしゃるので、お話ししたら、びっくりするくらいにお詳しくて、大阪のお客さまの奥深さも窺い知ることができました!

ある時は美しいお母様が娘さんの為に、リンドベリのサリックス・トリプルセットを六脚セットでスパーン!とお買い上げいただいた時は、感動ものでした!

色々なお客様と触れ合うことができ、とても勉強になった約1週間でした。

 

 

さすがに朝10時から夜8時までの長時間、立ちっぱなしはアラフィフのこの体には辛かった!

 

201129-018

癒しの一つは大阪酒場放浪ですね。(笑)

とてもとても、、、一週間では回りきれないほどの、星の数ほどある飲み屋さん。

大阪第1−4ビルあたりを回ろうと思っていましたが、20時までの勤務あけ、一杯ひっかけたらもう2軒目は無理(笑)。わたしにしては毎日あっさりホテルに戻りました。

中でもお気に入りだったのがこのお店。この魚のあら煮280円!!!
わたし、これがあれば2時間はいけるな。
カウンターのみのお店で、強面の店主さんが睨みをきかしているからか、繁盛してましたがあまり騒がしくして飲んでる人もいませんでした。

ただ、歩いて他の店など観察していると、完全に4人以上で馬鹿騒ぎしている輩もちらほら見られますね。

そういうお店のために、良いお店が犠牲になってしまうんですね。

大阪もついに規制がかかってしまいました。本当に残念です。頑張ってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

201129-019

 

早速、納品確認にも行ってきました。

太陽光が、カイ・クリスチャンセンを照らす。。。。すごいセットです。

 

きてくださったお客様、本当に有り難うございました。

また阪急百貨店関係者の皆様にも本当にお世話になりました。

 

また、お店の方でも皆さまとお会いできるのを楽しみにお待ちしております!!!

 

 

「素晴らしき時代マーケット」at 阪急うめだ本店

201030

この災禍の中、日本は少しずつですが日常の生活を恐る恐る取り戻しつつある感じなのでしょうか?
一方、パリなどヨーロッパでは再ロックダウンと、世界的に見ればまだまだ出口の見えない状況下ですね。

京都はGOTOなどの効果もあるのか、平日・休日ともに人の流れも戻りつつある感じ。
違うのはインバウンドのお客さんがいないことくらい。

4−5月などは本当に酷かった。。。お客様もなく、大変な時期でした。

逆に言うと、色々とホームページに商品をあげていったりと、今までできなかったことをやる良い機会かなと思い色々と試行錯誤してましたが、そんな中、今回のこの催事へのお誘い。

今までの私含め3人で営業していた中では、催事出店はなかなか難しいところでありましたが、この度スタッフも一人加わり、また、お客さんもまだ少ない状況ですから頑張れるかな!っと。

ビージェネ初大阪進出です!

上記広告はうちのお店の部分だけ切り取った物ですのです、あしからず。(笑)

ほか全国より50店舗以上の出店予定だそうです!

阪急うめだ本店に行かれた方はご存知かと思いますが、ビージェネは9階の催事場ではなく、祝祭広場という吹き抜けのひらけた場所で、約30坪ほどの面積で商品展開します。

新作をたくさん揃えてガッツリ行こうと思っていますので、ただいま作業でてんてこまい。

私も10年ぶり以上に、宇多野ではない家具保管倉庫の前で作業を進めております。

さて、間に合うのか!

こんな時期ですので、阪急さんもいつものように大々的な広告も抑えているようで、本当に皆さんが慎重に物事を進めている感がひしひしと感じられます。

なんだかしっくりこないこの萎縮した暗い雰囲気の中、少しでも明るい気持ちになれますよう、良い物揃えてお待ちしておりますので、皆様、お気をつけて、無理のない範囲でお越しいただければと思っています。

どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

Jens Quistgaard RELIEF シリーズ大量アップしました!

Jens Quistgaard RELIEFシリーズを大量にアップしました!

201025-1 201025-2 201025-3 201025-4 201025-5 201025-6 201025-7 201025-8 201025-9 201025-10

詳しくはホームページをご覧ください!

もうすでにアップされているものと合わせれば、かなりの量とアイテム数になります。

先日、ペア・ルトゥキン アイテムの際に書きましたが、初めてデンマークで買い付けた例のマイク・ベルナルド(風)のお兄さんのお店で、彼の義父さんも実はコペンハーゲンの郊外でアンティークを扱っているんだよ。ということで(いや、アンティークというよりはリサイクルショップに近かった)行ってみたら?と紹介してもらい,早速訪問しました。

それはもう当時はそういったリサイクルショップでも今考えたらお宝の山で、まあ今では考えられないような値段でビンテージアイテムが売っていたのですが、家具と一緒にかなりの食器なども多く置かれていました。

私も当時は何も知りませんので、おそらく沢山あったであろうの渋いロイヤルコペンハーゲンには目もくれず、まあ、デンマークに有名な時期があることすらしらなかったので70年代風のポップな感じのプリント物や、色目の綺麗な釉薬のものなど(確かイギリス製みたいなのを買った覚えがあります(笑))に目を引かれた中、このどこか地味な黄土色のカップたちは「ついでに」っという感じで仕入れておりました。

買付当初に泊まっていたNORREPORT駅前の安ホステルは宿泊客から、至る所に監視カメラがあるという噂が立ち始め、(まあ、私はその時点で30歳でしたから自粛はしていましたが(汗)、やはり若いバックパッカーが朝ご飯のバイキング形式のおかずたちを密かに持ち出し、昼ごはんにしていたのをかなり厳しくチェックしていたようです(笑))早々にホステルを卒業し、B&Bへ宿を移行していました。

B&Bに泊まるようになり自炊ができるようになってくると、仕入れたお皿なんかで自分の料理を食べるようになります。そこで登場したのが、当時あまりパッとしないなと思っていた、レリーフシリーズ。当時安かったですし、日本での売り物だけどまあいっか、って感じ。

地味な黄土色に地味なグリーンを中央に配した、デンマークに買い付けにきているのにどこか日本風なこのお皿に、自作のトマトソースパスタを乗せた瞬間!!!!

なんてことでしょう!

鮮やかなトマトの赤色が、なんともこの地味な黄土色とグリーンに映える!!!!

これが私のアハ体験❤️

また、例のベルナルド兄さんに、これって日本風だと思うんだよね。て言うと、彼は、いやいや、これがデンマーク風なんだよ。と。

不思議なデンマークと日本の感覚における共通項の気付き。
レリーフシリーズは私の中で、「地味な」から、お客様皆々様に「もうこれ最高です!」とセールスするまでの評価に一気に上り詰めました!

 

以降、ビージェネでこのアイテムを絶やしたことはないと思います。

 

 

 

 

 

201025-11

そう、現在もかんな感じでクイストゴーコーナー!

 

201025-12

奥のガラスケースにも、表面上はタピオ先生ですが。。。。。

 

201025-13

 

下部の収納部分には、今まで買い集めた在庫たちが!!!!

また皆様こんな時期ですが、ぜひ、気をつけてお越しいただき、
実際のアイテムたちを見て感じてみてください!

 

 

 

FRIEDL KJELLBERG アイテムたちをアップしました!

フリードル・ホルツァー・チェルベリーのアイテムたちをアップしました!

201021-1 201021-2 201021-3 201021-4 201021-5 201021-6 201021-7 201021-8

チェルベリーさん、1905年オーストリア生まれです。

オーストリアで陶芸を学んだ後、1924年よりフィンランドアラビア製陶所に在籍。

今回ホームページにアップしたのは、彼女の代表作品の一つである、ライス・ポーセリンシリーズ。

美しい白磁の焼成前の器に、当時の職人さんたちがカッターを使って一つ一つ飾り透かし彫りを施し、最後に釉薬をかけ焼き上げる、と言うとても手間のかかっていた製品たちです。

当時チェルベリーをリーダーに20人ほどのライスポーセリン部隊が70年代半ばまで生産を続けていたようです。

商品ページにもあるように80年代に一部復活しましたが、どうでしょう!

その質感やデザイン、また50−60年代のものに見られる、どこか不均一な手作り感あふれる質感がなくなってしまっていますね。

 

そうなんです!

そんなのを皆様にも手に取って感じていただきたいと思い、今月からチェルベリー展(寺町店自己企画展パート2)が勝手に始まっております。

 

 

201021-9

ポール・キャドビアス のウォールユニット には現在、チェルベリー先生の作品たちがずらりと並んでおります。

 

 

 

 

201021-10

テーブルには今回ホームページに紹介しています、ライス ・ポーセリンシリーズ。

 

 

そしてウォールユニット には。。。。

201021-011

ケシカラン釉薬が垂れ流してある器や。

 

201021-012

なんとも美しいコバルトブルーの作品たち。。。。

 

 

 

201021-013

これもチェルベリー先生のもの。。。

もう10年近く前に買い付けたものですが、当時、これを見ながら一晩酒が飲めました!多分、これをおかずに白ご飯もいけると思います!

 

 

201021-014

 

 

201021-015

 

また現地でもなかなかお目にかかれない30cm超の大作まで!

古いものは裏側にサインと製作年が記しているものがあります。

他作品の中で最も古いものが1931年の作品で、サインはFH!
そうです!Kが入る前のもの、チェルベリーさんになる前、結婚前のものです。
オーストリア、ウィーン工房の影響が見て取れます。

1940年代のものも多数あります。

って、第二次世界大戦中?

戦争中に女性の作家さんたちが、なんとも自由に作品を作っていた。

先日まで日本でも開催されていた展示、フィンランド陶芸、芸術家たちのユートピアとはまさに!

ぜひ、こんな時期ですが、お気をつけて是非お越しください!