カテゴリー別アーカイブ: その他

その他の記事を投稿するカテゴリです

無添加たこ焼き こはく Hans Wegner FH4103

左京区、北大路通・東大路通り、高野交差点南西角に突如現れる美しい空間。

210828-01

無添加たこ焼き「こはく」さんです!

そう!この遠目からのショットでもわかる人にはわかる!

 

210828-02

オーナーのこだわりで、待合の椅子になんとなんとウェグナーのFH4103スタッキングチェアーを入れていただきました!

ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されているハンスウェグナー7作品の中の一つである、
FH4103がこの店の待合にあるんですから!

 

 

 

 

210828-03

美しいこだわりの設計デザインとも相まって、素晴らしい空間になっています!

 

 

210828-04

開店のお祝いにお花も。

グナー・ニールンド先生のたこ焼きインスパイアーのうつわに、たこ焼きのようなアレンジメント!

未草さんの美しさの中にコミカルな要素も取り入れるところ、ほんと、大好きな作風です!

 

 

 

 

210828-05

そのこだわりのオーナーから椅子の足元に敷物を。。。というご要望で、試験的にラグを。。。
どこまでこだわるんでしょう!(笑)

 

 

 

210828-041

 

もちろんたこ焼きも琥珀のような作品になっております。

味付けにもこだわっていて、ソース・出汁醤油はもちろん、塩ごま油、柚子胡椒ポン酢まで!

まあ、いつの時代も子供たちたこ焼き大好き。嫌いな子、いないですよね(笑)。

うちの息子達(中学生)も御多分に漏れず。。。。

何舟持って帰っても足りませんわ。。。(一番人気は意外にも柚子胡椒ポン酢!!(笑))

 

店内にはカウンターもあって、オーナー曰く。

店内で飲食も可能になるかも!

いやー、「こはく」のたこ焼きにビール。。。想像するだに恐ろしいです。。。。
この災禍後の楽しみがまた一つ増えました!

ほんと!はやくこの災禍、終わってほしい!

 

 

 

210828-06

 

 

そんなに遅くまでやってませんし、売り切れごめんですので、お早めに!
夕方の夕涼み散歩がてらお立ち寄りになるのも良いかもですね!

 

無添加たこ焼き こはく

久々にコンテナ入荷しました!

久々のコンテナ入荷です!

2020年の2月に最後買い付けに行ってからすでに1年以上。

いつ買い付けに行けるか全く先が見えない中でも、売るものがなければ商売できません!
(まあ、まだまだ在庫あるんですがね。。。(汗))

私含めたバイヤーがデンマークに買い付けに行けないと言うことは、現地家具ディーラーにとっては閑古鳥、、、と言うことなんでしょうか?

たまに連絡をすると、こんな中でも「結構忙しい」と言うディーラーもいる中で、
中には「こんな家具あるけど、どう?」と言うディーラーも。
こんな状況下だし少し安くしてくれる、、、という話には、実際のものを見ていない不安も有りますが、ここは持ちつ持たれつの関係で。

こんな人脈があってよかった。。。感謝です!

 

210717-1

ということで、コンテナ到着しました!

コンテナ到着日には結構雨に降られる!と言うジンクスのあるビージェネ。(汗)

朝8時のコンテナ到着時間にはまさかの豪雨!(注意報並!!)
このままだと大切な家具がびしょ濡れに!
こりゃ、まじやばい。と思いましたが、最近はスマホで雨雲の様子が一眼でわかりますね。
これはスタートを1時間遅らせよう!と、コンテナの運転手さんにその場で電話し打ち合わせ。

朝9時からコンテナ作業したら、これが大成功!全く雨に降られませんでした!

まさに神ってる!いや、最近の情報量はすごい!
ほんと、これらを上手く使うか使わないか、、、、これからの時代のネックですよね。

 

それにしてもみてください!このアーティスティックなコンテナ詰めを!

まさにテーブルの天板一つ入らないパンパンな状態です!アーティストの仕業。

この状態からどんどん中に掘り進んでいくのですが、少しの隙間に包装されたガラス板などが詰めてあり、これはある意味トラップか!と思いましたが、それくらい隙間なく入っています!

なににしても仕事は美しくないといけませんね!

PACKMAN FOREVER!!!

 

 

 

 

 

210717-2

そして、寺町店にも久々の箱の壁が!!!

スタッフが懸命に開梱しております!

 

 

 

 

 

210717-3

 

いろいろ忙しく、また、精神的にも打ちのめされることも多いここ最近。

皆さんのSNSをみていると、いつの間にか祇園祭がクライマックスに向かっていたんですね!

今年の梅雨は今までに無い感じの雨模様で困惑しましたが、梅雨が明けて本格的な夏の日差しを感じ始めた京都ですが、いつもよりは暑さがマシな感じ。
今日も朝方まではいつもの京都祇園祭特有のだるい暑さもそんなに感じることもなく、出勤前に烏丸四条あたりを厄除け兼ね山鉾散策してきました。

こんな状況下ですから、人出もそれほど多くもなくゆったりと山鉾がみれました。
厄除けとこの災禍が早く収まりますようにと、願いを込めてきました。

 

 

無碍山房 石垣 

びーじぇね史上最南端への納品!
菊乃井様プロディースの無碍山房!
今回はなんと!石垣島へ!

ものすごいコレクションに仕上がりました!

 

発送前に集合写真!
(並べ方がどこかマニアック!(笑))

エリック・ワーツ7台、ヘンリー・ウォルター・クライン8台。
オールローズ。よくここまで磨き上げたもんだ!
そしてキングス・アームチェアーマホガニー12台byルッド・ティエセン&ジョニー・ソーレンセン!

 

210516-01 210516-02 210516-03

圧巻のコレクション!!!

 

 

 

無事に石垣のお店に到着したようです!

 

 

210516-04 210516-05

カウンターにはエリック・ワーツ!

 

 

 

 

210516-06 210516-07

そしてテーブル席にはヘンリー・ウォルター・クライン!

 

京都の無碍山房同様、信楽のタイルにて!

石垣の美しい海を表現したようなブルーのタイルが神秘的です!

 

 

 

そしてお部屋の方にはキングスチェアーが!

和の空間に、デンマークから来た椅子たちがしっくりとなじみました。

 

210516-08 210516-09

 

こんなにたくさんのご注文頂きましたのでビージェネスタッフ皆、数ヶ月にわたる手入れから無事到着まで緊張の連続でしたが、またそれ以上にこのプロジェクトを一緒に頑張ってくれた職人さんたちには本当に感謝です。

キングスチェアー(アームバージョン)の張り替えは今回が始めただったのですが、やはりラタンの劣化も気になり、せっかくだし全部張り替えましょう!と菊乃井様とお話ししたところが、予想以上に張り替えが難しかった!!!
シートの部分も張り替えたことのある人しかわからない、なんだかややこしやつ。
20年やっていても初めてのことも多くあります。

 

写真のように美しく設ていただきました椅子たちも、石垣で皆様のお越しをお待ちしております!

私も早く行きたいです!!!

 

002-768x1086

ROSENGREN HANSEN CHAIR AND DINNING TABLE SET

先日とても素晴らしいダインイングセットを納品してきました。

210509-01

そう!
ローゼングリン・ハンセンのダイニングセット!しかも!!!けしからん木目!

奇跡的に同じデザイナーのセット、なかなかこうは揃いません!

良い意味での繊細な作りに少しの緊張感が宿り、こういった上質な日本の設にピッタリとハマりました!

雪見エアコンのカバーからコンセントの位置・建具のつまみまで、こだわりの詰まった空間になっておりました。

建築設計はいつもお世話になっている5HOUSEの尾崎大介さん。

もう彼とは20年弱のおつきあいでしょうか?ビージェネ立ち上げ初期からのいろいろなお付き合い(!!)ですから、こんなに月日が経ってもお付き合いが続いています。

改めて「人とのご縁」、今後も大切にしなくてはと思いも新たに致しました。

 

 

 

210509-02 210509-03

Purje (プルエ) 奈良・宇陀市 デザートコースのお店 再び

そう!

以前もご紹介させていただきました、奈良県宇陀市にありますPurjeさん!

今回も京都から配達!行ってきました!

 

 

210430-01

確かオープン前の納品時も、とても良い季節の晴天の中、男二人で2時間弱の素晴らしい景色を見ながらのドライブでした!

今回も道中には藤の花が満開の風景が広がっていました!

 

 

 

210430-02

わたしなどは先日まで大阪での生活でしたので、一変!

なんとも長閑で、道中癒されましたよ。

 

前回納品時の詳細は以前のブログでどうぞ。

以前のブログ

 

 

 

 

 

210430-03

 

メインのお部屋にはローズのダイニングテーブルと、エリック・バックの椅子が並ぶ!

美しい庭を眺めながらの贅沢なコースが堪能できますね!

 

 

そして今回は、、、、

なんとなんと、その2階にギャラリーができました!

 

210430-04

グレーテ・ヤルク、P・Jeppesenのローズ3シーター!!!!

しんとした静寂のギャラリー空間の中に佇む、デザイナー、グレーテ・ヤルクの女性らしい繊細な少し緊張感もあるラインのローズソファー。。。。

そして目の前に広がる美しい緑豊かな風景。。。。

これはやばい。。。

コースを堪能した後に招かれるお茶スペースだそうです。(詳しくはお店まで)

 

210430-05 210430-06 210430-07 210430-08 210430-09

すみません、、、、

あまりのこの空間とこのソファーが美し過ぎて、激写し過ぎ!!

腕利きの京都職人さん達のお力添えで実現した完璧な木部のメンテナンスと、栃木レザータンニン鞣しのヌメ革張りのクッション。。。これからの経年変化も楽しみです!
そしてビージェネスタッフ、その若さにしての円熟味を増した木部磨き込み。。。その光沢感と、その素材そのままの風合いを生かしたナチュラル感!

もう現地でも出ないと思われるような絶滅危惧種と思われるこのモデルに
多方向からの力が合間って実現した、なんとも奇跡的なコラボレーション作品。やばいな。

ぜひぜひ、皆さん、Purjeさんにて現物!体感してみてください!

 

 

それにしても京都からだとGoogleマップを頼りにここまできますが、なぜか毎回道筋が違う!!

見覚えのない道筋できてしまいましたが、逆に実はPurjeさんのふもとには有名な吉野葛の老舗のほか、いろいろ古い歴史を感じさせる場所でもあることがわかりました!(いまさら)

早速わたしは大好きなお酒をゲット!!

京都からは少し遠いPurjeさんですが、何かいろいろ絡めて楽しく観光できそうな場所ですよ。

 

 

210430-010