カテゴリー別アーカイブ: フィンランド 陶器

第44次買い付け報告:スウェーデン編6

収穫物紹介!

190725-01

フィンランドもの。

アラビアで、ファエンツァのお皿。

エステリ・トムラのC&S、カイフランク 、ソインツなど!

 

 

 

 

 

190725-02

スウェーデンもの!

 

190725-03

こちらなどは手書きのシリーズ、グスタヴスベリ。

なかなか良い状態です、フルセット!

 

190725-04

スティグ・リンドベリのペンシル?

お皿はペンシルですが、カップが違うかも。。。

 

 

 

 

190725-05

そしてアルメニア。

手書きの飾り皿でしょうか?使っても良い感じです!

 

 

 

 

 

190725-06

ニールンドとスタルハン。

 

 

190725-07

同じ形のものが揃うと嬉しいです!良い形!

 

 

190725-08

リンドベリのスタジオピース。

お店にもファイアンスが結構揃ってきました。

 

 

 

 

190725-09

ベールント・フリーベリ。

 

190725-010

エッジの部分がシャープ!

 

 

 

190725-011

こちらもフリーベリ。

蓋つき

190725-012

釉薬の変化も良い感じです。

 

 

そして驚きの掘り出し物!

 

190725-013

 

190725-014

まさかのセント・アイブス、バーナード・リーチ陶房

190725-015

 

まあ、小品ですが、こんなの見つけたら嬉しくなります。

一個は割れて修復してましたけどね。

 

 

 

第44次買い付け報告:スウェーデン編3

買い付け品紹介!

190723-1-01

 

小さな1950年代くらいの器が未使用品ぐらいの美しさで見つかりました!

 

 

 

190723-1-02

スウェーデン、ロールストランド!

 

190723-1-03

フィンランドもの。

エミリアのキャニスターありました。

 

 

190723-1-04

GEFLE。

ゼブラのコーヒーカップたちと謎のソーサーだけカラフルなシリーズ。

 

 

190723-1-05

グスタヴスヴェリ。

アダムのティーカップ!見つかりました!

 

 

 

そして謎シリーズ。

 

 

190723-1-06

スピサの形なのにお花柄。。。

しかもソーサーは形も違う!

 

 

 

 

 

190723-1-07

グレーのストライプ。

シンプルで渋い柄でした。

 

 

190723-1-08

しかもそこの部分がいい!!!

 

 

190723-1-09

ウッド系仕入れ品。

 

190723-1-010

そして謎なやつら。

 

190723-1-011

190723-1-012

 

こう見つめられると、連れて帰らねば!って使命感に取り憑かれます。

 

第44次買い付け報告:デンマーク編4

もっとゆっくり朝食の時間を楽しみたかったですが、しょうがない!

190715-01

次のディーラーには電車で向かいます!

オーフスから一旦コペンハーゲンに戻り(約3時間)、そこから少し来た道戻るような形で電車で約1時間。。。。

 

 

 

190715-02

駅までディーラーに迎えに来てもらって、そこから車で30分。

やっと、、、やっと、たどり着いた感じ。。。。

 

 

190715-03

早速チェック!

 

190715-04

わお!いきなりウェグナー。オールチーク・パーフェクトコンディション!

 

 

190715-05

セミ、シルバーの少し大きめ。

 

190715-06

ヤコブセン・オックスフォード。本革仕様!!

 

 

190715-07

 

ルスカ大量発掘!!!

 

 

190715-08

へニング・コッペル!

 

 

190715-09

レリーフ大量発掘!

 

190715-010

モラー78、

190715-011

デンマーク製、小引き出し。

 

190715-012

ビューロー取っ手違い。

 

 

190715-013

なぜか鏡までペアで!!!

 

いつもはもっと発掘できるディーラーなんですが、ここまで時間かけていった割には、なかなか渋かったです。

 

また1時間かけてコペンハーゲンに戻りました。

190715-014

 

今回はOSTERPORTの近くの定宿です。

 

第44次買い付け報告:フィンランド編12

190713-01

EMMA美術館にも行ってきました!

 

 

 

190713-02

こちらにも憧れのルート・ブルックの垂涎の作品がまさに、目前に!!陳列してあり、ドキドキもの!!

 

 

190713-04

そしてタピオ・ウィルカラのウルティマ・トゥーレ!!!

大迫力!!

 

ヘルシンキに戻り、EKBERGで一服。

 

 

190713-05

私がここに来るのは別にスイーツが目的ではなく、この今や何百万とも、ついにもう一桁!
という世界に入った、パーヴォ・ティネルの照明に癒されるため!!

ちょっっとひん曲がっているの、直してあげたい!

 

 

190713-06

これからパッキングをおわらせないといけないので、エネルギー補給は念のため。

美味しかったです。

 

 

190713-07

 

最終日、パッキングの目処も付き、あと少し梱包材が足りなかったので買い出しに。

普通にヒエタラハティの広場を通るもんで、まあ、せっかくだし覗いてみるか!
と思ったら、ヨウコレコラもいるし(笑)。

先日でまた次回買い付けまでお会いできないと思って悲しかったですが(笑)、また会えて嬉しかたです。

 

で、なんと。

190713-08

ムーミンの初期プレート見つけました(笑)。(少し欠けあり)

最後の買い付け品が「ムーミン」になるとは!

 

 

190713-09

何とかパッキング終了!

バナナボックス4個分が一度に運ぶ限界。x2。

 

なんとか発送も完了。

ルートブルック を見に市庁舎へ!

190713-010

もっと近づいて観れるかと思ったら、縄がかかって近くまで行けませんでした。

しょうがないか。。。

 

190713-011

まあ、観れたのでよしとしよう。

ついでに港のマーケットで、ラストムイック。

 

 

190713-012

帰り際に衝撃の光景が!

 

 

190713-013

 

大量の梱包材が!!!

これをいち早く見つけていたら、こんなに苦労して梱包しなくても良かったのに!!!!

まさかフィンランド編最後の写真がゴミの写真とは。。。

デンマークへ向かいます!

第44次買い付け報告:フィンランド編11

フィスカースに新しい美術館ができたということを、カイフランク の生徒でもあったあの大先生から教えてもらっていて、今回是非行きたいと思っていたのです。(もちろん、彼ともあって、またいろいろお話を聞けるのを楽しみにしていたので)

またせっかくですし、詳しい方に案内してもらえるのが一番ですよね!

ただ今回はとても忙しいということで断念することに。

また次回冬の買い付け時に行ければと思っています。

ただ、彼はセミナーなどでヘルシンキにきているということで、1時間くらいだったら時間が取れるとのこと!

急遽、大先生と会えることになりました。

190712-2-01

ルートブルック の大きなオブジェが飾ってある、市庁舎に行こうか!ということで、
カウッパトリの港のマーケット広場に到着。。。

 

 

 

 

 

190712-2-02

船が停泊中。

 

 

190712-2-03

売っているそうです!(笑)

どなたかいかが?

 

目的のルートブルック は残念ながら土曜日だったので、市庁舎お休み。。。。

そりゃそうだね。実は前回も工事中で振られてます。。。。

 

諦めてマーケット内でコーヒーを。

190712-2-04

 

今回滞在中に秋篠宮ご夫妻がフィンランド語訪問中で、実はフィスカースにも来ていた!

東京のルートブルック 展も見られていたので、まさかフィスカースのマーケットでついに秋篠宮ご夫妻もルートブルック をお探しか!なんて思ってましたら、そんなわけないか。

実は大先生、10年も前にも皇室の方がお越しの際にアテンドしたことがあったそう!

うーむ、さすが!

 

 

 

 

別れ際、実は大先生、まだ持っていました!!

190712-2-05

さりげなく、、、

 

190712-2-06

マーケットではもう高嶺の花となってしまっていたので手に入れるのはもう無理かと思っていましたが!!!

なんと最後の最後で2枚!

 

190712-2-07

ありがとうございました!!!

まさに夢のような1時間でした。

 

 

先生とのお話の中で、今アテネウムで興味深い展示をやっているからと教えてもらいました。

 

 

 

190712-2-08

早速その足で行ってきました。

 

190712-2-09

 

「SILENT BEAUTY・静寂の美」展

 

190712-2-010

 

フィンランド・スウェーデンアートと日本の民芸を中心とした東洋美術とを対比させて展示です。

 

 

190712-2-011

民芸と。。。。

 

190712-2-012

アラビアアートデパートの作品やフリーベリ、ニールンドなどが!

 

 

190712-2-013

 

中でもキリッキ・サルメンハーラの作品はこれまた心に突き刺さるドキドキものの作品ばかりで、さらなる蒐集意欲が盛り上がってきてしまいました!やばい!

 

 

図録も良さそうだったので買ってきました。英語なのでなかなか難しいですが、また興味ある方はお声掛けくださいね。(売るということではなく、店でお見せできるということ)

先日のデンマークでの展示にしてもそうですが、こちらの美術館は並べて対比して考察すること一貫してますね。図録もそれだけ見応えがある。

なんか日本はただ海外から作品借りました、並べました。的な?

だから図録も単なる写真集?まあ、買う方も考えなくていいし、どうせ見るだけだけどね。

 

190712-2-014

ドキドキを抑えながら今夜のメニュー、再度ホワイトフィッシュのクリームスープを作るために
ハッカニエミのマーケットへ!

 

 

 

190712-2-015

 

まあこれでホワイトフィッシュ食べ納めかな。