カテゴリー別アーカイブ: フィンランド 陶器

FRIEDL KJELLBERG アイテムたちをアップしました!

フリードル・ホルツァー・チェルベリーのアイテムたちをアップしました!

201021-1 201021-2 201021-3 201021-4 201021-5 201021-6 201021-7 201021-8

チェルベリーさん、1905年オーストリア生まれです。

オーストリアで陶芸を学んだ後、1924年よりフィンランドアラビア製陶所に在籍。

今回ホームページにアップしたのは、彼女の代表作品の一つである、ライス・ポーセリンシリーズ。

美しい白磁の焼成前の器に、当時の職人さんたちがカッターを使って一つ一つ飾り透かし彫りを施し、最後に釉薬をかけ焼き上げる、と言うとても手間のかかっていた製品たちです。

当時チェルベリーをリーダーに20人ほどのライスポーセリン部隊が70年代半ばまで生産を続けていたようです。

商品ページにもあるように80年代に一部復活しましたが、どうでしょう!

その質感やデザイン、また50−60年代のものに見られる、どこか不均一な手作り感あふれる質感がなくなってしまっていますね。

 

そうなんです!

そんなのを皆様にも手に取って感じていただきたいと思い、今月からチェルベリー展(寺町店自己企画展パート2)が勝手に始まっております。

 

 

201021-9

ポール・キャドビアス のウォールユニット には現在、チェルベリー先生の作品たちがずらりと並んでおります。

 

 

 

 

201021-10

テーブルには今回ホームページに紹介しています、ライス ・ポーセリンシリーズ。

 

 

そしてウォールユニット には。。。。

201021-011

ケシカラン釉薬が垂れ流してある器や。

 

201021-012

なんとも美しいコバルトブルーの作品たち。。。。

 

 

 

201021-013

これもチェルベリー先生のもの。。。

もう10年近く前に買い付けたものですが、当時、これを見ながら一晩酒が飲めました!多分、これをおかずに白ご飯もいけると思います!

 

 

201021-014

 

 

201021-015

 

また現地でもなかなかお目にかかれない30cm超の大作まで!

古いものは裏側にサインと製作年が記しているものがあります。

他作品の中で最も古いものが1931年の作品で、サインはFH!
そうです!Kが入る前のもの、チェルベリーさんになる前、結婚前のものです。
オーストリア、ウィーン工房の影響が見て取れます。

1940年代のものも多数あります。

って、第二次世界大戦中?

戦争中に女性の作家さんたちが、なんとも自由に作品を作っていた。

先日まで日本でも開催されていた展示、フィンランド陶芸、芸術家たちのユートピアとはまさに!

ぜひ、こんな時期ですが、お気をつけて是非お越しください!

 

 

 

 

ホームページにアートピースたちをアップしました!

またまたホームページに商品をアップしました!

200906-1

 

まずはボディル・マンツの超極薄のカップ。

鋳込みと言われる手法で作られます。

私が集めている北欧作家作品のなかで数少ない現役でもまだ作陶されている作家さんです。

先日YOUTUBEでも作陶風景の映像がありましたので、興味のある方は是非探してみてください。

なんかとてもデンマークらしい豊かな場所でお仕事されていて、とても羨ましい感じもしましたが、そんな中で生まれる素晴らしい作品です。

 

最初白幕の前で撮ったら白浮きして撮った写真全部ボツ!!!(涙)まじ自分の写真を撮る腕の無さを嘆きました。

なんで、この写真は隣で写真を撮っていたスタッフに、
「これも撮っといて!」って(店主権限)で丸投げ。

ついでに撮ってもらいました(涙)。

 

 

 

 

 

 

200906-2

 

そしてこちらはフィンランド、アラビアのアートデパートメント所属のリサ・ハーラマーの作品です。おそらく先輩でもあるサルメンハーラ さんの影響もあるのか、同様のシャモット陶土を使用しプリミティブな、ローマの遺跡から出てきたような作品です。

そして縁に施した彼女特有のピーコック(孔雀)グレイズが美しいですね。

少し写真が明るすぎる感もありますが、今まで1の綺麗な写真が撮れました。

 

200906-3

 

こちらはグナー・ニールンドのフランベシリーズ・カップ。

1937年くらいの生産品のようですね。

アール・デコ。

金彩の文様が美しいです。

この写真もいまいちですね。。。すみません。。。

 

こんな感じで定期的に、私(店主)の好みで毎回デンマーク・スウェーデン・フィンランドのものを一個づつ。。。紹介できればなと思っています。

スタッフの撮影するビンテージの日用品たちの最終チェック後アップ。

そういえば先週は家具の方もたくさん手入れ完了していたので、13アイテムほど撮影してます。

 

それに私のマニアックシリーズが加わったら、ホームページ作業だけでも超忙しくなってくるなあ。。。。

 

まあこの災禍の中だけで、またお客さんが自由に来てくれるようになれば、なかなかこういう時間も取れないでしょうから、今のうち頑張ろうと思います!

 

 

ホームページに小物たちをアップしました!

またまた小物たちをアップしました!

200905-1 200905-2

ホルムガード の美しいグラスたち。

おそらく、ペア・ルトゥキンのデザインだと思います。

ホルムガード 特有の美しいグレーのガラス感が味わえるグラスたちです。

足の部分の質感がまたそそりますね!

 

 

 

 

 

200905-3

そして、こちらもデンマーク・ホルムガード 。

マイケル・バンのデザインです。

二色(白とカラーもの)のガラスを同時に操り作品にしていく作業はとても難しかった様で、数年で生産中止となってしまった幻のシリーズ。

特にこの猫の餌皿はかなりレア?ある意味、そうたくさんの需要なかったでしょう(笑)。

こだわりの方は是非お宅の猫様のお皿までこだわって頂きたい!

ご主人が使うお皿より高価だったりして!!(笑)

 

 

 

 

200905-4

そして謎のアラビア のC&S。

 

200905-5

レモンイエローが美しいGEFLEのティーカップ!

 

 

 

200905-6

アーサーパーシー 。

アンリ・マティスの元で働いていた。

 

200905-7

 

スティグ・リンドベリのブラ・ヒュサールのティーポット !でかい!

京都は暑い日が続いております。

大きな台風も接近しているということで、皆さんお気をつけてお過ごしください。

台風も年々大きくなってきている感じです。気候変動も含め、今後さらに今までと違うニューノーマルな世界になって行きそうです。

ビージェネもニューノーマルに向け、ホームページの商品充実に力を入れて行きますね。

ただ、やはり扱っているものが古いもの。もちろん新しいものでも同じことだとは思いますが、ビージェネはやはり店舗販売!

皆様に見てもらって、触ってもらって、説明してナンボと思っております。

こんな出にくい時期ですが、またお近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

そうそう、、お店は寺町通のスギ薬局の上ですが、2階にはテナントが2つ入れる様になっています。
ビージェネは奥の寺町通には面していない部分で営業しています。

寺町に面している店舗スペースはまだテナントが入っていないので、外から見たらテナント募集の広告が、これでもか!って感じで貼ってあり、本当にビージェネここにあるのか?と思うほど分かりにくくなってしまっています。

奥にエレベーターもありますので、諦めずに一度是非2階まで上がってみてください!!

 

 

 

 

 

 

NEWに小物たちをアップしました!

NEWに小物たちをアップしました!

200819-1 200819-2 200819-3 200819-4 200819-5 200819-6 200819-7 200819-8 200819-9 200819-10

 

毎日暑い日が続きますね。

そんな中、お盆期間中もご来店いただきましたお客様、有難うございました。

 

引き続き「スティグ・リンドベリ展」も開催中です!

 

また皆様無理のない範囲で是非お越しください!

 

お店の場所は寺町商店街の三条通と六角通の間。
通りの西側にスギ薬局がありますので、その2階です。

ただ寺町商店街からスギ薬局の2階を見上げますと、ババン!と、これでもか!というほど、テナント募集の広告が貼られています。
実は2階は二つに分けられていて、ビージェネレイテッドは通りから見えない奥側になります。

また、扱っている商品の特性上、とも言いましょうか。
少し皆様には馴染みの薄い商品たちであることや、人通りの多い商店街に大きな看板を出すのも店内の「3密」を防ぐために、今のところ控えています。

結果的には、こう言った商品がお好きなお客様が「密」を気にせずにしっかり楽しんでいただける様に営業できているのではないかと思っております。

引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

ホームページに小物たちをアップしました!

今週も小物たちをホームページにアップしました!

200728-1

クイストゴーのティーポット !
レリーフシリーズ。

 

 

 

200728-2 200728-3

アラビアのキルシッカシリーズ。大と小揃ってます!

 

 

 

 

200728-4

ポモナシリーズ。

 

 

200728-5

ティーポット 。二人分でちょうど良いかも。

 

 

 

200728-6

ゴージャスなデミタス カップ!

エステリ・トムラらしいデザイン!

 

 

 

200728-7

シグネ・ペルソン・メリン。

 

 

 

200728-8

マリアンヌ・ウェストマン。

可愛らしい柄にバンブーの取手。

かなりかっこいいです!

 

 

200728-9

定番のホルムガード 。ペア・ルトゥキンのハートヴェイス 。小。可愛らしいです。

 

 

 

 

 

200728-10

 

クイストゴーのキャンドルホルダー 。

ブラスの質感。

今回アップした小物たち。多岐に渡りました。

そろそろアートピースたちの出番かな?

それにしても、毎年買い付けに行っていたほぼほぼ日本にはいない7月。
私はこの7月をどう過ごしたらいいんだろう?と悩んでいましたが、あっという間に過ぎました。
フィンランドのいつもの野外マーケットも今年はキャンセルだった様です。
それにしても人口は550万くらいですが、今回のコロナでの死亡者数は300人程度。
先日、いつものコレクター、ヨウコ・レコラと電話で話しましたが、フィンランドでの感染はかなり抑えられていて、元々マスクの備蓄も整っていたと言う話もありますが、なんと言っても若き女性首相サンナ・マリンさんが指導力を発揮した。なんて、あまり人を褒めないタイプのヨウコ・レコラも絶賛していました。
反対に日本などはこの騒ぎで元々からあった腐ったシステムたちが表面化してきた感がありますね。

もっと頑張ろう日本。

ほんと、早く世界の科学者の方々にワクチン作ってもらって、安心してまた海外に出向ける様な世界になることを願っています。

わたしも地道に頑張ります。。。。

 

そうそう、ヨウコ・レコラに電話したのは、もちろん元気にしてるかなー?って言う確認の連絡ですが、それと、前回半額支払って取り置きしたルートブルック のプレート!
ちゃんと取っといてね!っていう確認もありました(笑)。