カテゴリー別アーカイブ: 2015高松展

北欧のくらし展 その6

150611-1
北欧展、最終日。
かなりすっきりとしてしまいました!

 

150611-2
本当にたくさんのご縁ができました!

 

150611-3

ギャラリーen。。。。もちろん、縁ということです。
今回たくさんの家具たちがギャラリーオーナー蓮井さんとのご縁で結ばれていきましたが、蓮井さんとの出会い自体もご縁。
まだまだこの仕事を初めて十数年のキャリアですが、世の中、何が正しいかわからなくなることも多々ありますが、ただただ、ご縁を大事に、正直に、生きていくことが大事だと、蓮井さんと仕事をしていると身に染みてわかります。

 

150611-4
うどん県ですが、おいしいお蕎麦屋さんあり!そば処 古川。

 

150611-5

こちらもおすすめ!御意。

 

150611-6

先日から気になっていたケーキ屋さん。はれ。

 

150611-7

などなど回り、香川を後に!
番外編などでも紹介しましたが、このようにおいしい食べ物屋さんはもとより、文化もなかなか見ごたえありの四国・香川県。
配達などでご自宅までお伺いしましたが、これまた素晴らしいところばかり!
郊外のバラ園でコーヒーを頂いた時はまさに「ここはデンマークか!」とおもわせる暮らしぶり。
市内から車で20分でこの雰囲気はなかなかないですね!
また、お伺いしたお客様宅もこだわりの建築が多く、手料理をふるまってもらったりと、いろいろな意味でとても素晴らしい展示会となりました!
わたしのこのコラムでどこまで高松・四国の魅力を表現できたかわかりませんが、
皆さん!次回はぜったい来てくださいね!

 

150611-8
そう。。。
香川県「好きにになっても、いいんだぜ」

 

 

 

北欧のくらし展 番外編

150610-1
展示期間中お休みをいただいて四国を回ってきました。
ギャラリーのオーナー蓮井さんに聞いて興味を持ったのが、高知県物部村。
自給自足の生活と、民間信仰がいまだに根ずく土地です。

 

150610-2
巨大な杉の御神木の根元にある小さな神社や。。。。

 

150610-3
国道から20分ほど林道を入ったところから、さらに400段近い階段を下りて行ったところに。。。

150610-4
静寂に包まれた場所に。。。
便利さを追い求める今の世の中に、こういう文化が未だ根付いている素晴らしい場所でした。
スクラップ&ビルドを繰り返し外資を呼び込んだり、寺社仏閣内の木々を切る切らないの問題が沸き起こっている土地との差を考えさせられました。

 

150610-5
夜は高知に一泊。

 

150610-6
 土佐料理と、、、

 

150610-7 ちょっと怪しげだけど雰囲気のあるビルを上がると、、、、

150610-8バーが、、、、

 

150610-9
終いは屋台で。。。。

 

150610-10
翌日は、前々から気になっていた沢田マンションへ!

 

150610-11

 香川に戻り、弘法大師の御郷、善通寺へ。。。
ここにも千数百年と言われる御神木が!

150610-12
いい感じのうどん屋さん!

 

150610-13

特に付け合せの揚げ物や、天ぷらもなく、、、
おでんのナベがあれば、これでしょ!
お酒が飲めないのが残念です!

 

150610-14
高松に戻り、3年ぶりのumie、、、、

 


150610-15
ぼけーっと海を眺めてました。。。
あとで、「半空」に行こう!

 

 

北欧のくらし展 その5 ギャラリーen 高松

150609-1
お陰様で北欧のくらし展終わりまして、京都に戻っております。
引き続き、展示会の様子を。今回は北欧ビンテージクラフト系。
入口にはロイヤルコペンハーゲンの器。1940年代のもの。
和にもぴったりです。

 

150609-2
アルネ・バン(Arne Bang)
おそらく1940年代のもの。

 

 

150609-3
テーブルの上にはライス・ポーセリン。
フリードル・チェルベリー。アラビア・フィンランド。

 

 

150609-4Gerd Bogelund for Royal Copenhagen.

 

150609-5
Conny Walther & Tapio Wirkkala

 

150609-6
Axel Salto for Royal Copenhagen.

 

 

150609-7

150609-8Palshus …..

 

150609-9 Per Lutken for Holmegaard Denmark.
紫の花器は珍しいですね。

 

 

150609-10Arne Bang おそらく1950年代のもの。

 

 

150609-13
いきなりこの写真ですいません。
ホント!おいしい店多いですね!骨付き鶏!
一週間の滞在ではたりないです。

 

150609-14 
こちらはケーキ屋さん。
うつくしい空間にケーキが並んでいる!
高松の夜をさまよって見つけた、良さそうなお店。
もちろん閉まっていますので、明日また来よう!

 

150609-16
こちらはギャラリーオーナーに教えてもらったバー。
高松の夜を満喫できました!

 

150609-17

ということでした。。。

 

 

北欧のくらし展 その4

   150607-1
デンマークのビンテージランプも持ってきています!
Radius II 
Design: Erik Balslev


 150607-2
おそらく、オレフォス(スウェーデン)のガラスを使用した、Lyfa社製のものだと思います。
きれいです!


 150607-3
PHランプ。パープル!
とホワイトのボリューム感あるランプ!

 


 150607-4
ハンスウェグナーの1962年デザイン。by Louis Poulsen

 

 

150607-5
休憩は近くの喫茶店!
近くにこんな喫茶店あるなんて幸せ!

 


150607-6
ついに、寿司・中川にも行きました!


150607-7
こちらは旅館をリノベーションした、ワインバー。

高松、いいですよ!

 

北欧のくらし展 ギャラリーen in 高松 その2

150605-1
6月5日金曜日!いよいよ始まりです!
通りに大きな看板!一目でわかります。

150605-2
この一か月の成果!
ビージェネスタッフ、さらには木工、椅子張り、ラタン張りの職人さんたち皆さんに支えられ、
納得のいくクオリティーでや和らぎ・たかすさんのお客様にみていただることができました!
感謝です。

150605-3
グレーテ・ヤルクのチーク3人掛け!
ウェグナーGE260。290ハイバック!


 150605-4
モーエンセンのウッドチェアーダイニングテーブル。チーク中心に。
ギャラリーオーナー、蓮井さんが「少し背伸びしたスタンダード」と案内状に記していました。
良い言葉です。
はじめは一つでもいいんです。少しずつでも良いものをそろえて行っていただき、
長いお付き合いができれば本当に幸せです。
長いお付き合いをすることで、売る方にも更なる責任感が生まれてきます。


150605-5
こちらもモーエンセン。
2シーターとハイバック2254スツール付。

150605-6
ニルスモラーやCH23ラタン張り!

150605-7
ギャラリーにある、ジョージナカシマのデスクには、タピオウィルカラを中心に展示。
うちの商品たちもこのギャラリーで輝いています!
皆さま、お早めに!