カテゴリー別アーカイブ: スウェーデン 陶器

ホームページに小物たちをアップしました!

ホームページに小物たちをアップしました!

今回はStig LindbergのLojaシリーズを10種アップ!
プラスアルファ。

 

200911-1 200911-2 200911-3 200911-4 200911-5 200911-6 200911-7 200911-8 200911-9

私も大好き魚シリーズ。

ネット上でも10種並ぶと壮観ですね!

このシリーズ、色々な場面でお魚たちが話しているのですが、
『せっかくだったら全部訳そう!」と言う店主の指令のもと、
スタッフが訳し切りました!!!

ただ、さすがへそ曲がりのリンドベリのデザイン。

恐らく、スウェーデンらしいブラックジョークやシニカルなコメントが多いようで、
対訳には頭爆圧状態だったそうです!

なるほど、私も試しにGoogleに打ち込んでみましたが、?????
のものが多いです。

どなたかスウェーデン語に詳しい方、正しい翻訳をお願いします!

 

 

 

 

200911-10

 

台風明け、だいぶ過ごしやすくなりましたね。

あんなに暑くて嫌な夏も、こうあっさり通り過ぎてしまうと寂しいもの。

災禍もあっさり通り過ぎたらいいのにね。
こっちは通り過ぎても寂しくないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページにアートピースたちをアップしました!

またまたホームページに商品をアップしました!

200906-1

 

まずはボディル・マンツの超極薄のカップ。

鋳込みと言われる手法で作られます。

私が集めている北欧作家作品のなかで数少ない現役でもまだ作陶されている作家さんです。

先日YOUTUBEでも作陶風景の映像がありましたので、興味のある方は是非探してみてください。

なんかとてもデンマークらしい豊かな場所でお仕事されていて、とても羨ましい感じもしましたが、そんな中で生まれる素晴らしい作品です。

 

最初白幕の前で撮ったら白浮きして撮った写真全部ボツ!!!(涙)まじ自分の写真を撮る腕の無さを嘆きました。

なんで、この写真は隣で写真を撮っていたスタッフに、
「これも撮っといて!」って(店主権限)で丸投げ。

ついでに撮ってもらいました(涙)。

 

 

 

 

 

 

200906-2

 

そしてこちらはフィンランド、アラビアのアートデパートメント所属のリサ・ハーラマーの作品です。おそらく先輩でもあるサルメンハーラ さんの影響もあるのか、同様のシャモット陶土を使用しプリミティブな、ローマの遺跡から出てきたような作品です。

そして縁に施した彼女特有のピーコック(孔雀)グレイズが美しいですね。

少し写真が明るすぎる感もありますが、今まで1の綺麗な写真が撮れました。

 

200906-3

 

こちらはグナー・ニールンドのフランベシリーズ・カップ。

1937年くらいの生産品のようですね。

アール・デコ。

金彩の文様が美しいです。

この写真もいまいちですね。。。すみません。。。

 

こんな感じで定期的に、私(店主)の好みで毎回デンマーク・スウェーデン・フィンランドのものを一個づつ。。。紹介できればなと思っています。

スタッフの撮影するビンテージの日用品たちの最終チェック後アップ。

そういえば先週は家具の方もたくさん手入れ完了していたので、13アイテムほど撮影してます。

 

それに私のマニアックシリーズが加わったら、ホームページ作業だけでも超忙しくなってくるなあ。。。。

 

まあこの災禍の中だけで、またお客さんが自由に来てくれるようになれば、なかなかこういう時間も取れないでしょうから、今のうち頑張ろうと思います!

 

 

ホームページに小物たちをアップしました!

またまた小物たちをアップしました!

200905-1 200905-2

ホルムガード の美しいグラスたち。

おそらく、ペア・ルトゥキンのデザインだと思います。

ホルムガード 特有の美しいグレーのガラス感が味わえるグラスたちです。

足の部分の質感がまたそそりますね!

 

 

 

 

 

200905-3

そして、こちらもデンマーク・ホルムガード 。

マイケル・バンのデザインです。

二色(白とカラーもの)のガラスを同時に操り作品にしていく作業はとても難しかった様で、数年で生産中止となってしまった幻のシリーズ。

特にこの猫の餌皿はかなりレア?ある意味、そうたくさんの需要なかったでしょう(笑)。

こだわりの方は是非お宅の猫様のお皿までこだわって頂きたい!

ご主人が使うお皿より高価だったりして!!(笑)

 

 

 

 

200905-4

そして謎のアラビア のC&S。

 

200905-5

レモンイエローが美しいGEFLEのティーカップ!

 

 

 

200905-6

アーサーパーシー 。

アンリ・マティスの元で働いていた。

 

200905-7

 

スティグ・リンドベリのブラ・ヒュサールのティーポット !でかい!

京都は暑い日が続いております。

大きな台風も接近しているということで、皆さんお気をつけてお過ごしください。

台風も年々大きくなってきている感じです。気候変動も含め、今後さらに今までと違うニューノーマルな世界になって行きそうです。

ビージェネもニューノーマルに向け、ホームページの商品充実に力を入れて行きますね。

ただ、やはり扱っているものが古いもの。もちろん新しいものでも同じことだとは思いますが、ビージェネはやはり店舗販売!

皆様に見てもらって、触ってもらって、説明してナンボと思っております。

こんな出にくい時期ですが、またお近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

そうそう、、お店は寺町通のスギ薬局の上ですが、2階にはテナントが2つ入れる様になっています。
ビージェネは奥の寺町通には面していない部分で営業しています。

寺町に面している店舗スペースはまだテナントが入っていないので、外から見たらテナント募集の広告が、これでもか!って感じで貼ってあり、本当にビージェネここにあるのか?と思うほど分かりにくくなってしまっています。

奥にエレベーターもありますので、諦めずに一度是非2階まで上がってみてください!!

 

 

 

 

 

 

ホームページに小物たちをアップしました!

ホームページに小物たちをアップしました!

まさに今までにないスピード感!

今週のアップもアイテム多岐に渡ります!

200828-1 200828-2 200828-3 200828-4 200828-5 200828-6 200828-7 200828-8 200828-9 200828-10

 

こう言った小物たちをアップするのに、色々情報を本やネットで調べるとドツボにハマりますね。

例えば今回アップ分のアルメミニア の絵皿。。。

こう言った類のものはサインが入っているので色々調べれば実際の年代が出て来ます。

今回の絵皿は404とありましたので、調べた所おそらく1906年のもの。

ただ押し印もあってKFの印が。。。これは1920年にアルミニアからKøbenhavns Fajancefabrikに社名が変更になった後の印。

COPENHAGEN DENMARKとスタンプも入っています。

これは1906年以降のもの。商品の輸出を始めるにあたって、しっかりとデンマーク製というアイデンティティーを記して置きたかったんでしょうね。

 

などなど、調べ始めたら夜が明けます。

 

結局、何年のもの?とモヤモヤの中での商品アップになりましたが、そもそもどちらにしても
約100年も前のもの!!!!

北欧から日本に連れてきましたが、年代ももちろんですが長距離移動を感じさせないかなり良い状態でここビージェネレイテッドにあるということが奇跡!

 

他にも色々商品ございますので、こんな暑い中ですが、是非お立ち寄りいただければと思います。

 

引き続きこのスピードを保てる様、商品アップ!も頑張っていきます!

 

 

 

 

 

NEWに小物たちをアップしました!

NEWに小物たちをアップしました!

200819-1 200819-2 200819-3 200819-4 200819-5 200819-6 200819-7 200819-8 200819-9 200819-10

 

毎日暑い日が続きますね。

そんな中、お盆期間中もご来店いただきましたお客様、有難うございました。

 

引き続き「スティグ・リンドベリ展」も開催中です!

 

また皆様無理のない範囲で是非お越しください!

 

お店の場所は寺町商店街の三条通と六角通の間。
通りの西側にスギ薬局がありますので、その2階です。

ただ寺町商店街からスギ薬局の2階を見上げますと、ババン!と、これでもか!というほど、テナント募集の広告が貼られています。
実は2階は二つに分けられていて、ビージェネレイテッドは通りから見えない奥側になります。

また、扱っている商品の特性上、とも言いましょうか。
少し皆様には馴染みの薄い商品たちであることや、人通りの多い商店街に大きな看板を出すのも店内の「3密」を防ぐために、今のところ控えています。

結果的には、こう言った商品がお好きなお客様が「密」を気にせずにしっかり楽しんでいただける様に営業できているのではないかと思っております。

引き続きよろしくお願いいたします!