カテゴリー別アーカイブ: 買い付け報告 2007

買い付け報告デンマーク編(2007.11.13)

京都市美術館での北欧展は大成功のうちに終わったようです。 びーじぇねZEST御池店も10月末で終了。こちらの結果は、、、、(汗)。 あっという間に11月に入り、ここに来て京都もやっと冷え込んできました。 紅葉もそろそろ期待できそうですよ。 ゼスト御池店の終了で、またいつも通りののんびりした雰囲気だったのですが、ここにきて、今週末11月17日にコンテナが京都に到着するにあたっての通関作業の準備やらでばたばたしております。 デンマーク滞在時も、相変わらずのどんよりお空。 毎日時間単位でのアポイントをこなしながら、何人かのディーラーとあい、色々買い付けてまいりました。少しですが、OTHERのページにて紹介させていただきますね。お店にはカタログも用意しておりますので、お越しの際はお尋ねください。またメールでもお気軽にお問い合わせくださいね。 (いつも言っていますが、住所や連絡先の記入のない人には返信しませんよ!(笑)) 週末を絡めたコペンハーゲン滞在ですので、ここのところの定番、「怒涛のフリーマーケット周り」に行って来ました。 071113.jpg 前回もお宝ざくざくのこのフリマーケット。 現地のディーラーに話したら「そんなとこで、フリマーケットしとんの?」と。たまたま知らなかったのかな? そんないきさつで、前回の襲撃時にだいぶ買いつくしてしまった(笑)こともあり、今回はあまり期待をかけずに軽く襲撃。。。。 びーじぇね以上に乱雑な棚を食い入るように見入ると、クイストゴーのRELIEFシリーズじゃないですか! こぼれる笑みを抑えつつ(この点は私も成長した。通常こぼれる笑みを抑えられない。)、「全部買うけど、いくらになるの?」 お値段はまあまあ。 まあこんなもんだろうと、OKをだすと、「いやいや、実は私、この食器のシリーズがとても好きで、まだあるわよ。」と、昔はすごい美人だったであろう面影を残すオバサマ。 でも、「奥にしまってあるから明日来てくれれば、出しとくし。」と。 私も負けずと、「いえいえ、まあ、先に見せてくださいよ。」とフライング気味に棚の下の収納スペースをほじくり出す。 ぴかりと光るグリーンの。。。。「これは、AZURシリーズではありませんか!」 07111302.jpg 出てくる出てくる! 正直、この6年間数十箇所のフリマにいきましたが、これは初めて! このところRELIEFのシリーズも少なくなってきている中、これは貴重です! 「全部行かさせていただきます。」 と、その後予想されるパッキング地獄も省みず、たぶんトータルで30KGはあるかと思う収穫に、笑みと汗をこぼしつつバスにて家路に着くのでした。 07111303.jpg 今回はラッキーなことにあるディーラーのお家に居候できました。 この物価の高いコペンハーゲンでは本当に助かります。 お察しの通り、モダンデザインを扱っていますから、 彼からもそのあたりの時代のものを中心に買っています。 多々あるインテリア雑誌での、コペンハーゲンの高級ビンテージショップのお宅拝見企画は捨てるほど見ていますし、それこそ今回のディーラーは30年このビジネス一筋の男。 さぞかし、垂涎物の家具でそろえているのかと思いきや、 やられました。 これまたうまくアンティークとモダンをあわせている。 写真でもわかるように、部屋にはYチェアー、 鏡にかすかに映っているのはヤコブセンのスワン。 重厚そうなアンティークの大きな鏡に帝政時代の小さなキャビネット。 もちろん敷物はペルシャ。 ダイニングテーブルは200年前のテーブルだそうです。 彼と奥さんによると、「もちろんモダンは好きだけど、アンティークを合わせることによって、生活感・温かみが出る。」とのこと。 以前にも触れましたが、この北欧ブームでそこらの建築家が提案する「これが北欧です」的なダイニングセット等に飽き飽きしていた私にはとても新鮮に、またハートにガツンと来るコーディネイトを見ました。 07111304.jpg あと、報告するの忘れていました。 やっと、何年越しかで、お嬢ちゃんの「木馬」見つけましたよ。 でも、そんなに古いものではないですけど、かわいいです。 (やすいですし) まだ「木馬」を卒業していなければ、みなさんで見に来てくださいね。 デンマーク編終わり::2007.11.13:: 07111305.jpg

買い付け報告(オランダ編)2007.10.13

今回は前回のリベンジ、S社のストのおかげで訪問できなかったオランダに再チャレンジ。 今ヨーロッパでは格安航空券を売りにしている航空会社が多く、ヨーロッパ域内の移動がとても安く・また簡単に短時間で、できるようになりました。 格安だから墜落しやすいとか、なんやかんや心配もありましたが、無事、3時間遅れ(笑)でアムステルダム・スキポール空港に到着しました。 (ホテルに到着したのは夜の12時) ヘルシンキ・ストックホルムで味気ないビールを飲んできたので、ここは本場、ハイネケンをグイッといって、明日の買い付けに備えます。 少しは南下したので暖かいかなと思ったのですが、大差なく、しかも雨。。。。。。。今回は天気には恵まれていないようです。。。 071013.jpg 初日(といっても滞在2日ですが。。。)は、朝から電車で2時間くらいの地域にあるディーラーを尋ねました。 車窓を覗くと、延々と規則正しく作られた水路と草原が果てしなく続いています。 牛や羊がのんびりとしている風景を眺めながら、何回か乗り継いでついたところは、ほんとに片田舎、のんびりした雰囲気の町でした。 (なぜか電車に乗っている間だけはこんな晴天) もともと農家だった小屋を改造しダッチデザインから北欧デザインまで集めいているディーラー、女性なのにオランダ中をトラックで走りまわっています。 あるときはドイツやデンマーク・コペンハーゲンを年に1-2回は訪れるそうです。 07101302.jpg 二日目にはロッテルダム付近のディーラーを尋ね、フリソ・クラマー、ウィム・リートヘルト、ケーズ・ブラークマンなど有名どころを押さえ、照明もまたデンマークと違った感じの中欧の雰囲気を持つものが集まりました。 びっくりしたのは、ここオランダで「びーじぇね君」を発見したことです! 「きみとこんなところで出会えるとは!」 ディーラーに集めていることを言うと、 「あげるよ!」と。 せっかくオランダまで出てきたのに、私に捕まえられて、日本にくることになってしまいました。 うちのコレクションの中に入ったら、後々どれがオランダ出身のやつかわからなくなりそうなので、印でもつけとこうと思っています。 07101303.jpg ロッテルダムの町に着いて思ったのですが、なにかチャイナタウンを思い起こさせる雰囲気。駅前から運河に沿ってメインストリートと思われるものが続いているのですが、中国語の看板が多いことにびっくりしました。貿易港として栄えたこの町、やはり商売に長けた中国からの人々が根を張っているのでしょう。 ひょっこりはいった広東料理のお店はとてもおいしく、数年前に住んでいた香港を思い出しました。(外国で中華料理店をしている人たちは、たいてい広東語圏内の人が多いので、広東語で注文すると途端にやさしくなる!) さて、写真はロッテルダム街中、目抜き通りから少し入った通り沿い。集合住宅が並んでいる地域ですが、通り沿いということもあり人通り車どおりも多いです。歩道にはアーケード、通り沿いの住宅一階部分は店舗。きれいなショーウインドウが並びます。 07101304.jpg そこから一歩は入れば集合住宅たち。すっきりとしたデザインだし、色使いもとても好感が持てますね。住宅地内の遊歩道にはなにやらオブジェのようなアート作品。(左側手前に移っている銀色の人のようなもの) 何やらとても考えられた街づくりを感じました。 最近京都では建築基準が厳しくなり、高い建物を規制できるようになりました。ただ、その高さ規制前に滑り込みで建築許可を受けたマンションが雨後のたけのこ状態で建築中です。 京都二条界隈にあったとても素晴らしい町家を利用していたアンティークショップもつい先日破壊され、今はダダッピロの空き地になっていて、マンション建築予定です。 「なになに、@!%ビル建設予定地。。。@!% って。。。。。もともとあったアンティークショップと同じ名前やん!」なんでもありあり、モラルもへったくれもありません(涙)。 オランダ編終2007,10,13 07101305.jpg

買い付け報告(ストックホルム編)2007.10.2

ストックホルムもヘルシンキと変わらずもう秋の肌寒い気候になっています。 今回はスケジュールの関係で週末を絡ませた滞在ですので、土日は当然フリマーケット! せっかくフリマを覗くのに雨ではちょっと気分がそぐわないですよね。 特別よい天気ということではありませんでしたが、雨が降らなかっただけラッキーでした。 今回訪れたのは、郊外のとある場所。 いつもの地下鉄で「てくにすかなんちゃらかんちゃら」という駅で郊外行きの電車に乗り換え、これまた 「ぶらばらばげん」やら「よるすほるむすえくびー」やら舌をかむどころか、日本人の頭にはまったく入ってこない駅を通り過ぎ30分くらいのところでしょうか。 071002.jpg 来週行われるであろうストックホルムでの大きな市は、どのブースも市内の業者ばかり。 引き換えこちらの市は10時からのオープンにもかかわらず10時を過ぎても、どんどん個人さんの車が入ってきて、順番にブースを建てて行きます。 なので、もうみんな次から次へ入ってくる車の荷台の中のブツに狙いを定めて今か今かと無言のプレッシャーを個人さんに向けて発していました(笑)。 そんななかからとんでもないお宝が出てくるんですよね。。。(笑) 07100202.jpg 状態のよいリンドベリの食器たち、アラビアの食器、珍しい柄でとてもかわいいです。なぜか、カンタレッリやオルキデア26CMバージョンなどのお宝満載なのですが、中でもリンドベリのトランプです!オリジナルプラスチックケースに残念ながら欠けがあるのですが、未開封状態!このトランプは本や博物館の展示では見たことがあるのですが、正直、初対面。信頼の置けるディーラー(もちろん彼は何度も扱ったことがある)が絶対的な自信を持って勧めるものですので、問題ないと思いますが、購入された方が現れるまで、もちろん開封いたしません。もちろん購入された方は、一人でうちに帰って開封するもよし。できたら、一部はお店で購入後に開封していただきたく思っております(個人的にも開封の瞬間を拝ませていただきたい)。などなど、北欧クラフト展に負けず、色々実際に手にとって触っていただける機会ですので、ぜひ、京都市美術館に行くついでにお立ち寄りくださいね。 ストックホルム編(終)2007.10.2 07100203.jpg

買い付け報告(ヘルシンキ編)2007.10.1

ただいま、コペンハーゲン滞在中ですが、インターネット環境の改善により、この場所でもホームページの更新ができるようなりました。 便利な世の中です。。。。コペンハーゲンのことは後ほど。 ホームページのトップでも紹介させていただきましたが、9月14日から試験店舗ゼスト御池店を開くためにその下準備におわれ、あのうだるような気温35度の暑いなか、汗だくになりながら家具の搬入とがんばってまいりました。これほど北欧買い付けを楽しみに待っていたことはありません。 北欧の青空の下ビールでも飲みながらゆっくりできるかなあと思ったのは大・大間違い。ついたヘルシンキは気温10度。どよよーんとどんより曇っています。 今年の北欧の夏は最悪だったようです。私が前回買い付けに訪れた5月6月はとてもよい気候だったらしいのですが、その後一転。1日晴れ、10日雨といってもよいほどの様相だったそうですよ。 がっかりする私を横目に「まあ、北欧の’秋’はこんなもんだよ。」と、みな一様に。そういえば、秋ですよね。北欧では。。。何年この仕事をしているのでしょう。。。 071001.jpg どんより曇った街中を、相も変らぬ勢いで回ってきました。それにしても、高い高い。 フィンランド観光局が出した話題の雑誌に影響されたのか、どこの店も天井知らず(世間知らずともいう)ショーもないものも、「ドンだけの価値やねん!」と突っ込みたくなるばかり。 ディーラーとの間でも雑誌の取材時の話題に。まあ取材がてら色々と買われていったそうですわ。。。(でも、あるお客様もいわれてたのですが、本皮製のちょっと不気味なムーミンに惹かれたのも事実) そんな中、お客様から依頼されていたアアルトのカルフラ時代のものをすこし注目して探してきました。1920-30年代の日用品ですがかなりの高値で取引されています。中にはコップ一個000(3桁)ユーロつけている店も。。。確かに比べても古いものですし、よい状態のものはもう数少なくなっていますので、もうアンティークのレベルですね。今のもの・イッタラ時代のもの・カルフラ時代のものを比較するのもよいですね。今回仕入れたのはもちろんビンテージしかありません。数は少ないですが、カルフラのものと、イッタラでも古い50年代のもの両方見ることが可能です。 北欧クラフト展では説明されていない様なマニアックなポイントをお見せできるのがビージェネの売りです。 07100102.jpg まあ少しは休ませてくださいよ。と、 空き時間にいつもの水辺のカフェに。 ついたとたん、風が強かったせいもあり、 曇り空があっという間にきれいな青空に! (上の写真) さすがにテラスでビール、、、とは行きませんでしたが、窓際の席でちびちびとビールを飲んできました。 (カールスバーグだけど。。。。) 07100103.jpg そういえば、以前紹介した「バナナケース」が最近とてもレアー(笑)になってしまいました。 写真のように右側のものは従来のもの、左が最近のもの。 大体大きさが半分くらいになってしまい、 なかなかうまく収まりがつかなくなってしまいました。 しょうもない悩みが増えました。。。。 ヘルシンキ編終  2007.10.1 07100104.jpg

買い付け報告第5弾:コペンハーゲンリターンズ(2007,7,10)

最終的には、一カ国いけなくなった分、その分の買付資金が今この手の中に。。。ここで我慢をして日本に持ち帰れば、それは、その後の運転資金として活用できる。。。。イヤー、でも先日高くて買えなかった、あの、ローズウッドテーブル。。。どうしても手に入れたい! なんてうずうず沸いてくるバイヤー魂がすでにディーラーの電話番号を押しています。人も家具も出会いが大事。良い出会いが買い付けにも、店運営にも必要です。今回、なんと元フランス&サンに勤めていたという老夫婦からフィンユールのクレスコやグリーンの本皮ソファーセット。ローズウッドテーブルを買い付けに行ったディーラー先ではウェグナーの素晴らしいキャビネット達。前もって押さえておいたモーエンセンのJ39・50台!もとても良いコンディションで、納得の買い付けでした。ほんの一部、OTHERのページで紹介いたします。家具達は7月14日入荷予定。お探し物、ぜひ、お問い合わせください。 第五弾終(2007,7,10) 070710.jpg