タグ別アーカイブ: PJEPPESEN

OLE WANSCHER P JEPPESEN LOW TABLE をアップしました!

OLE WANSCHER P JEPPESEN社のローテーブルをアップしました!

 

190928-1

すごいやつアップしました!

オーレ・バンシャー、PJEPPESEN社製のローズ、ローテーブル!

なんとも繊細なデザインです!今では考えられないデザインです!

 

 

 

 

190928-2

バッチリ、PJとデニッシュファニチャーのバッチ付き!

 

 

190928-3

ふと横から見ると、天板が浮いているようなデザイン!!!

 

 

 

 

 

190928-4

どうですか!この木目、、、(涙)

まさに良い時期にしか使われなかったローズ!木目が渦巻いていて半端ない!

 

 

 

190928-5

そして、この爪先立ちのような足先!!突き抜けてます!

もちろん無垢材削り出し!

 

 

 

190928-6

 

天板はウレタン塗装済み。

木目も美しい!

PJのこのタイプ、マホガニーでしたらよくみますね。

まじ、ローズなんてあると思わなかった!!!

まさにオンリーワン。ぜひご検討ください!

 

 

OLE WANSCHER PJ112 3SEATER

いよいよ年末が2018年も終わりが近づいてきました!

先日も良い椅子が上がってまいりました!

181226-1

PJ112 オレ・バンシャー!

 

 

181226-2

しかもローズ!

 

181226-3

けしからん木目です!

このモデルはおそらく長いこと作られていたんでしょうね。

ローズウッドを始め、チークやマホガニー、特に濃いいろに染められたマホガニー塗装バージョンが現地でも多く見られます。

ただこのローズバージョンは、中でもかなり数少ないモデル。

ビージェネでも何台か扱ったことがありますが、どれも半端ない木目のものばかり。

おそらく初期の数年に、良い木材だけを使用してつくられていたんではないでしょうか?

 

 

181226-4

 

今回はケアロップ・ヴァヴェリのZIBAGOブラックを使いました!

写真の見え方もありますが、おもて面に出る糸はブラックなので、基本黒と呼んでしますが、見え方によってはグレー。私は濃いネイビーだと思っていました。

というのも、交差して裏面に出ている糸はなんとブラウン!

縦糸・横糸それぞれに色目をつけることによって、より複雑で深みのある色目の生地が出来て来るんだと思います。

まじ、すごいです。

ウール特有のチク感は感じられるものの、動物性とでも言うのか、どこかぬるっとした油分でしっとり感を感じられるところなども、私も大好きな要因の一つですね。

もちろん生地・椅子が良くても、最終の椅子張りの仕立ての良さが出なければ完成感ありません。

例えばこのエレガントな椅子に、直角の角のたったクッションが入ってしまったらどうでしょう?四方隅が縫いの悪さでシワシワだったらどうでしょうか?
また、クッションがモコモコに厚かったらどうでしょうか?

お客様のご要望もありますし、職人さんの今までの経験からの概念もありますが、せっかくビージェネにオーダー頂いたからには、みなさまの意見を総合して一番良い方向に向かわせるのも仕事だと思っています。

今回もオレ・バンシャーのエレガントなデザインにぴったりなクオリティーの生地・またその張り替えの仕立ての良さが、より引き立てあい、素晴らしい椅子に仕上がりました。

 

GRETE JALK EASY CHAIR P JEPPESEN

お盆も明け、あっという間にもう月末。

立秋とはまさに名ばかりの猛烈な暑さの後に、昨晩の台風。。。。
京都は夜中じゅうすごい雨風でした。
街中は早仕舞いのお店とすでに早く帰宅されているのか、まばらに見られるのは外国人観光客のみなさんたち。シャッターの閉まった飲食店の前で残念そうにしているのが目立ちました。

またまた、良い椅子仕上がりました。

180824-1

グレーテ・ヤルク!イージーチェア!!!けしからんローズ仕様です。

シート部分はレザーにて張り替えています!

とても渋い感じで仕上がりました!!!

180824-2

 

180824-3 180824-4

 

この素材感、、、、やばいですね。。。

うちでオススメしているオイルフィニッシュの一つです。

無垢の素材感を活かしながら、ツヤ感も出すならこの仕上げかな、、、と思っています。

 

ホームページに家具をアップしました!

ホームページに家具をアップしました!

180417A-1

シンプルなバタフライ式ダイニングテーブルです。

天板は美しい木目のチーク材を使用。

フレームや脚には屈強なオーク材を使用。

 


180417A-2

 

通常お二人で。お客さんがきて、4人、、、または5−6人?

もちろん片方だけ開いても使用できます。

 キッチンカウンター前に小さなテーブルを!とお考えのかたにもピッタリ。

 機能的なテーブルです。

 

 

180417A-3ビンテージテーブルでは定番の形ですが、正直、他とは一線を画する作り!

 


180417A-4

天板裏にもチーク材を!

まあ正直ムダな部分ですが、その気持ちが嬉しいですね!

 



180417A-5

 

スーパー楕円!(っぽい)

 

 

180417A-6

 

そんなこんなで、こりゃ只者ではない!っと、裏をみると。。。。

やっぱり!P.JEPPESENのマークが!!!!

オレ・バンシャーのデザインだったりして、、、、そんなわけないか。。。