タグ別アーカイブ: ROSENGRENHANSEN

ROSENGREEN HANSEN ROSEWOOD ARM CHAIR

こちらも少し前に上がったアームチェアー。 ローゼングリンハンセン。

181222-1

やばい奴です。

 

181222-2

このシャープさ!!!!

 

181222-3

まさに総帥の椅子。

 

 

181222-4

 

後身も綺麗。

アームのジョイント部分、けしからんですなー。

お客さまのご要望で、今回は張り替えなしの、ナイスパティナな状態のレザーシートそのまま。

お近くですから、また張り替えのご要望はいつでもお待ちしています!

 

古美術・鐘ケ江

秋の夕暮れ迫る大徳寺前。

少し前になりますが、新装開店の古美術 鐘ケ江に納品に行ってきました。

 

181110-01

 

ニルス・モラーが並ぶ。。。

 

 

181110-02

まだ開店前。開店準備中です。

テーブルにはローゼングリン・ハンセン。ローズ。

設計は5HOUSEの尾崎君です。今回もご紹介いただき、本当に感謝です。

 

181110-03

提案時から新装開店まで時間的余裕もありましたので、こちらでも在庫数も少ない中ですが中でも素晴らしい木目のものを選んで、お施主様と建築家のご期待に添えるよう、しっかり納品に向け準備してきました。

 

納品時は開店準備でおおわらわの店内に入らさせていただきましたが、
後日、新装開店後にもお邪魔させていただきました!

 

181110-04

田辺竹雲斎によるインスタレーション。

こんなすごい作品を組み立てている最中に私たちは納品に来ていたのですが、想像するにおじゃまだったとおもうのですが、とても優しい感じの方々で、やはり作品の素晴らしさはお人柄にもよるのですね。

 

その他、本当に素晴らしい作品たちを見ることができました。

181110-05 181110-06 181110-07

この作品などは、りんごと台座含め木の一本彫りだそうです(だからくっついてるんです)!!!

アラフィフを迎えている私ですが、このような素晴らしい超絶技巧の作品を見るのは初めての経験で、大変貴重な機会でした!やばいです!

自分で言うのもなんですが、何百万の椅子を買うなら、こちらが欲しいです!(汗)

 

 

 

181110-08

新装開店後のうちから嫁入りした子たちの様子。。。。

お店の看板わんこも気に入ってくれたのでしょうか?

 

 

 

 

181110-09

 

床の傷を抑えるのにビンテージラグなんかどうかという提案を建築家の尾崎君がしてくれて、試しに敷いてみました。
最終的には住宅感が出てしまうということで持ち帰りましたが、
個人的には雑多なビージェネではこのような美しい場面にはならないので、大変勉強になりました。

 

このような場でプライベートなことを言うのもどうかと思いましたが、今回のお施主様である古美術・鐘ケ江の2代目は、建築設計の5HOUSEの尾崎君と同級生。

またこの美しい庭を手がけたのも、学校卒業後長く下積みをして庭師の一人親方として独立したばかりの同級生(ビージェネのお客さまでもある!)。

もちろん鐘ケ江さんの旦那ぶりが大きいとは思いますが、この仕事に際して、この3人はそれぞれ全く違う業を営んでいて、度々会えるような関係ではないですね、、、、ただ、こう行った場面で、ものすごくタイミングが合う!

なんかこう、繋がる時は繋がるんですね。と私は思います。

無駄に酒飲んで愚痴はべらかすのは馴れ合いでしかないです。

私のような親父はこういった若い世代の仕事や美しい友情、自然なる導きをしみじみと考えると、秋の夜長のお酒も進むもんです。。。

 

ビージェネに来るマニアックな皆様は興味津々だと思いますが、ぜひ、一度足をお運びください。

 

古美術 鐘ケ江
京都市北区紫野下門前町43番地
(大徳寺総門前)

 

 

第42次 買い付け報告 デンマーク編9

次の日の朝。

180720a-01

 

以前も行きました、一万平米のディーラーのところに行ってきます。

 

180720a-02

 

電車で約90分。

 

180720a-03

ある意味、ケイオスです。

超高級品から蜘蛛の巣がかかった何十年と日の目を見ていないアイテムまで!!

 

じっくり見て二時間はかかります。

 

180720a-04

コペンハーゲンはホテル住まいではなく、いつものB&Bと言うよりはBなので(ブレックファストがついていないので事実上ベッドだけのB)毎日ろくに朝飯も食わずに出発ですが、ここは、本当に家具を見るだけで頭いっぱい、お腹いっぱい。マジ、精神的にお腹いっぱいになります。。。。

でも、ここのオーナーさんの方針で、いくら忙しくても12時にはキッカリ仕事をやめて、しっかりランチをとる!とのこと。

以前もそうでしたが、今回も私もちゃっかりお呼ばれ。。。。

いろいろ取り揃えられた具材をみんなでパンの上に乗っけて食べるスタイル。

オープンサンドイッチ・パーティーみたいなものですね。(毎日だそう!!!素晴らしい職場!)

何か、日本の手巻き寿司パーティー見たい。

可愛らしい経理の女の子のマシンガントークを聞きながら(笑)(デンマーク語で喋ってるからわからない)、地元ビールまでいただき、お腹いっぱい。

これで何も買わずに帰ったら怒られます。

 

180720a-05

 

カイクリスチャンセン 。

180720a-06

 

良い木目の物!!!

 

 

 

180720a-07

 

2シーター。

 

180720a-08

ウェグナーのGE280オーク、2台!(すごい状態。。。。)

 

 

 

180720a-09

 

ウェグナー、GE290チーク!!!ここでも出ました!!!

 

 

 

そして!

180720a-010

 

なんちゃらと言う、デザイナーのローズバージョン!!!!

 

180720a-011

 

これはえぐい!!!(笑)

 

 

 

180720a-012

久々にありました!ローゼングリンハンセン!!!

ローズ・ローサイドボード!!!

180720a-013

この作りが好きですねー!!!

 

 

 

 

そして!!!!

180720a-014

 

ヨハネスアンダーセン、バーキャビネットがもう一台!!!

奇跡です!!!

 

先日買い付けた時にはあまりの喜びように細かい写真を撮るのを忘れていましたが、今回はしっかりと皆様にお見せします!!!

 

180720a-015

 

180720a-016

 

これは絶対に自分の手元に一台持っておきたいアイテム!

なんなんでしょう!

ローズの木目を生かした象嵌のような飾り。

細部いたるところまで、バーテンダーの意見を採用して作られたような、
マニアックでニッチな世界でしか通用しなさそうな家具!!!

うちの店でも合計4台。

一体こんな家具が当時何台作られたんでしょうか!!!

 

 

精神的にもお腹いっぱい、オープンサンドイッチパーティーでお腹いっぱい。

もう十分満足だったのですが、ディーラーがもう少し見て行くか?と。。。。

と言うか、まだあるんですか?>???

 

180720a-017

 

もう一万平米くらいあろうかと言う倉庫を追加で見せられました。。。。。。

ディーラー曰く、オーナーの35年の仕事の成果だと!

もちろん合計2万平米あるかと言う倉庫の全てがうちのターゲットではないですよ。

アンティークやそれこそ35年分の積年のホコリをかぶったものまで、、、、

全てがターゲットだったら二時間も見る必要ないですから。

 

 

でもそのうちに在庫たちもだんだん無くなってきて、埃かぶってた物を買い付けなくてはならなくなる日が来るのではないかと思うと、今のうちなのかなあと思います。
(彼の手の内だったりして。。。)

 

 

 

 

180720a-018

 

コペンハーゲンに戻ります。

 

 

 

第41次買い付け報告:デンマーク編5

次の日。。。

180205 (1)

 雨、雨、雨、、、、、

 デンマークの人たちも、このところの曇り続きで、まいっているようです。

 

180205 (2)

 雨のクリスチャンハウン。

 街中より、どちらかと言うとファンキーでアナーキーな地域。
 すこし前はこのあたりに定宿が有ったのと、ビンテージを扱うお店もかなり多かったので良く来ていましたが、宿も変わり定番の家具ディーラーが定まってきたので、このところあまりこちらに足を延ばすことも少なくなってきていました。
 かなり久しぶりに訪れました。

 このところのビンテージ家具の減少と価格高騰から、私もいろいろ手を広げてみようということで、デンマーク訪問前にSNSをフル活用(大汗)(私なりに)し、ビンテージ家具をアップしている数名をピックアップし、コンタクトしてみました。

 今日はその中の一人。

 約束の場所、約束お時間になっても、こういう家具を扱っているディーラーが乗っている大き目のバンがくる気配もありません。。。。。

 ふと見ると、笑顔100%でこちらに向かってくる若者が、、、

 いやー、、、車で来ている雰囲気無かったんだけどなー。。。

 なんと!

 

180205 (3)

 自転車で登場!!!!

 デンマークらしいじゃあ~りませんか!!!

 すみません、じゃあ、倉庫は近いのかな?歩いていきましょうか!

 いえいえ、こちらにお乗りください!!って、この籠のところですか?

 まじですか!笑顔100%で彼は勧めてくれるので、言われるがまま乗り込む!

 本来は彼の子供たち専用のカゴ。。。。

 たまに私もラブラブな若いカップルが彼女をカゴに載せて走っている姿をみたことが有りますが、それはほほえましくも、見ているこっちがこっぱずかしくなってくるシチュエーションです。
 まさか、つい先日、誕生日を迎えた50歳目前(いや、あと数年はある!)のおっさんを乗っけて、、、、、しかも、雨、意外に降ってますよ。。。

 折りたたみの傘をさしたまま、この小さな籠に乗り込み初めての経験にうれし恥ずかしの出発です!!!!(もちろんその姿を撮った写真はない)

 傘をさしているとはいえ、かなり濡れる、、、こいでいる彼はもうびしょ濡れ、、、
 それでも笑顔100%は崩さず、約8分くらいで着くよ!とやけに細かい数字を述べ、時速は25KMは出る!と、説明してくれます。

 さらに、行きすがりの途中途中に解説付き!!
 そこには建築を学ぶ学校が有ったり、例のNOMAがここに移転するとか、、、あれはスキー場だとか!!

 はとバス並みの解説付きでした!!!ありがとう!!!

 そんなこんなで彼のアパートに到着!!

 とてもきれいなアパートです。

 

 

180205 (6)

 眺めも最高で、こペンハーゲンの町が一望。
 室内は彼の大好きな家具やアイテムでいっぱいです!!


 180205 (7)

 アルネ・バンやヤコブ・バン

 ケラーの陶器など!

 

 ふと、見ると、ローゼングリンハンセンが!

180205 (4)

 いやー、探してたんですよ!!!

 正直、かなり高騰していて、さらに言うと、普通ですと6脚とか8脚とか、現地のディーラーがもっているセットでしか買えないのに、まさかまさかの1台単品にて持っていた!

 これはありがたい!

 

 

 

180205 (5)

 そして、もともとこの写真をあげていて気になっていたんです。

 ポール・キャドビアスのウォールユニット!!!

 勿論頂きました!

 

180205 (8)

 なんやいろいろ話していると、カートオルセンもあるよ!!! とか、、、
 勿論けしからん木目のやつ!!!

 

 

 

180205 (9)

 アルネ・ホブマンド・オルセンのアームチェアーも売ってもいいよ。。。。とか!!!

 なかなか珍しいアームチェアーですよね!!

 

 SNSで写真を見たときはどこかの家具ディーラーかなと思っていましたが、まったくの個人です。このようにたまに個人的に集めた家具を売っているようです。

 サイドビジネスなのでしょうが、まあ、彼も数寄者。

 言葉は良いですが、まあ、変態的な蒐集家ですね。

 そんな人なので、私とも話が合う合う!変態VS変態(笑)

 数時間話込んで、お別れの時間。。。。(涙・笑)疲れた。。。

 引き続きのやり取りの約束と、また次回会える時まで、、、、

 無事、家具が日本に届くかはお楽しみに!!!ここまで話しておいて、椅子来なかったらすみません。。。。

 

 

180205 (10)

 別れ難い心境ですが、さすがに帰りも自転車の箱乗りはご勘弁。。。。

 バスで帰りました。。。。(バス停まで送ってくれました)

 めっちゃいいやつでした!

 

 

 

ホームページに家具をアップしました。

ホームページに家具をアップしました!

 

 

 

170309-1

シンプルですが作りの良い小さなテーブル。

天板は 木目の美しいチーク化粧合板仕様。
フレームはオークです!

このコンビネーション。好みです!

 

 

170309-2

そして小さなローズテーブル。

けしからん作りです!
かの名工房、LUDVIG PONTOPPIDANのものだと思いますが、いまいち不明なので明記しておりませんが素晴らしいテーブルです。

ルードヴィー・ポントピッダンとでも発音するのでしょうか?

ほかにも、これまたけしからん椅子なども作り出しております。

ぽんとぴったん、、、名前はかわいらしいですが、硬派な工房です。

 

 

 

170309-3

そして、ローゼングリンハンセンの素晴らしいローズウッドテーブル。

四方隅の作り、ローズウッドの質感。。。どれをとっても文句なしの逸品です。

ウレタン塗装にて仕上げておりますので、使用に際しても比較的気を遣わなくても良い仕上げにあっております。

 

 

 

170309-4

先日、椅子を入れて頂いた、京都・鷹峯の「むろい」さんに行ってきました。

一つ一つ丁寧に手間をかけた料理に、こんな世界があるのかと感動しました。

料理と人と、空間に癒されながら大好きな日本酒が(かなり)進みました。

また行きたいです。

 

京都はここ数日、寒さが戻ってきてしまいました。

ただもう4月もすぐそこ。
むろいさんのある、鷹峯周辺なんて春は最高でしょうね!

観光後にむろい、、、なんて、想像するだに垂涎ものです。。。

 

観光と料理と、ついでに北欧ビンテージ家具を探しにいらしてください。