タグ別アーカイブ: 京都

織田先生を訪ねて。。。

京都はここのところの大雨続きで、どこか秋の気配を感じさせる気候になってきました。

数日前までは、まさに灼熱地獄という言葉がぴったりの災害的暑さ。

特に午後西日が入って来る時間帯になると、京都ならではの東西南北の通りにぴったり角度を合わせ西から照りつける太陽は、東西に歩く人には逃げ場がない感じで容赦なかったです。

7月の買い付け前、デンマーク椅子の蒐集家としても有名な織田憲嗣さんから、「フィン・ユール展が始まります。」とお知らせを頂いていて、お盆に今回は思い切って家族旅行を含めた北海道ツアーを決行してしまいました。

 

 

190823-01

流石にピーチ。。。関空に第2ターミナルがあるなんて!知らなかった!笑

 

新千歳からはレンタカー!
店員の愛想のなさにイライラしながらも(一番安い車だからしょうがないか!)
(コペンハーゲン空港のレンタカー屋さんのお兄さんの爪の垢を煎じて飲ませたい)

早速出発!

 

190823-02

 

旭川の道をひた走る!信号なし!

ただただまっすぐ!そして90度曲がって、またまっすぐ。

そして90度曲がって、またまっすぐ!

 

 

 

 

 

190823-03

織田先生と「東川町せんとぴゅあ」近くにて待ち合わせ。

素晴らしい図書館。

東川町は「写真の町」を謳っていますので、植田正治作品集なんかもバッチリ揃っていて、羨ましい限り。

素晴らしい図書館といえば先日訪れたヘルシンキの新しい図書館が記憶に新しいところ。

せっかくみんなの税金使うんだったら、こんな使い道が良いような気がします。

 

190823-04

緑の芝生のグラウンド。

東川町の子供達も喜びそう!

 

 

190823-05

綺麗な図書館の中には

 

 

 

 

190823-06

織田さんのコレクションも並ぶ!常に何か並んでいるらしい、、、羨ましい!

 

 

190823-07

これは織田さんのミニチュアコレクション!!!

こんなのに囲まれて育っていったら、また、面白い若い子たちがここ東川町から世界に巣立っていきそうですね。

 

 

隣にはギャラリーがあり、ただいまKNOLLの展示が開催中。

会場にてKNOLLから特別に許可をもらい上映されているフィルムにはベルトイアやプラットナーのワイヤーチェア、ミースのバルセロナの製作風景が。

今まで木工椅子中心でその作りとか構造に注目していましたが、ワイヤーチェアやバルセロナなどのメタルの椅子については、生産品という観念が強く、その製作に費やされる手間隙のようなものには余り気を向けていませんでしたが、このフィルムで、まさに目から鱗!

こんなフィルム見てしまうと、やっぱりベルトイアも欲しい!バルセロナも欲しい!ってなりますよねーーー!!!

織田さんの気持ち、、、良く解ります!笑

 

 

 

 

190823-08

わたし個人的希望より織田さんと記念撮影!笑

 

この後、待望のご自宅訪問!

本や雑誌では何度も拝見したことはありましたが、やはり実際に行くとすごい!

これまた貴重なお話たくさん聞け、あっという間に数時間が経ってしまいました。。。。

私が2002年にビージェネレイテッドを始めた当時、まだ10坪のお店だった時に、どこでお調べになったのか、「こういったもの探しているのですがありませんか?」と、お問い合わせがあり、以来、貴重な資料を頂いたり、ご来店の際には貴重なお話をお聞かせいただいたり。

もちろん、当時売り上げがなかった時代には経営的にも本当に助かりましたし、おそらくここまでマニアックに東京ではなく京都で続けてこれたのは、偏に織田先生のおかげと言っても良いかもしれません。

まさに私の中でのスターとのお話。こんなにときめいたのは久しぶりです(笑)。

織田さんとのお別れは名残惜しくも胸高ぶったまま、旭山動物園に残していった家族を迎えに(汗)戻りました。

 

 

190823-09

 

最終日、フィンユール 展も見にいってきました。

しかし織田先生ご自宅の衝撃が強すぎて、、、、

 

 

 

 

 

ホームページに家具をアップしました!久々に。。。

お盆休み、皆様いかがお過ごしでしょうか?

台風ですね。

かなり大きな台風ということで、被害などでなければ良いのですが。。。。

京都は意外と朝から晴れ間などがあったりとなんとなく台風的な感覚がなかったのですが、夜になり何か雨脚が強くなっている感じです。

自宅に小さなサンルームのような場所があるのですが、その屋根においていた
簾が台風の風で隣のお家の庭に吹き飛ばされてしまい、お隣さんの姿も見えないようだし、どうしようかと悩んでいる今日この頃です。。。

まさに!久々に家具をホームページにアップしました!

190815-1

素晴らしいローズのローテーブル。

58cmの高さなのでローテーブルと言うのでしょうか?

何か上質なアームチェアーの前などに置きたいよう気がします。

 

 

 

190815-2

こちらもローズ。

ただし足はマホガニー。

 

 

190815-3写真では分かりにくいですが、こちらはダイニングテーブル。

また続々と上げていきたいです!

 

 

FINN JUHL FD133 SPADE CHAIR

 

 

 

 

 

 

 

190810-0京都の日中は暑いです!

超快適、北欧の夏から戻った私には辛いです。。。。

 

あっという間に帰国後一週間が立ちましたが、暦の上でも初めて秋が立つ「立秋」が過ぎた頃から、どこか夜には少し涼しい風が通り初め、日中のあの激暑からあまり感じられませんが、少しずつ季節も変わってきているようで、なんとなく秋を感じる空気になってきています。

 

 

 

買い付けではたくさんの嬉しい出会いがありましたが、お別れ(売り上げ)なしには、出会い(買い付け)は無い。。。(汗)

 

悲しいお別れが、、、、

みなさん、写真だけですが、堪能してください!

190810-1 190810-2 190810-3 190810-4 190810-5 190810-6 190810-7 190810-8 190810-9

 

私も堪能する暇もなく。。。

 

 

 

デンマークのケアロップ・ヴァヴェリの生地にて張り替え!

当初は革張りで、と思っていましましたが、お客様の意向でこの生地に。

フレームのクオリティーにマッチし、色目は柔らかいベージュ色ですが、ケアロップならではの深みというか重厚感。ピッタリはまりました!

 

あと特筆は、この木部の手入れ!如何ですか?

オイルフィニッシュでこのツヤ感と素材感。しっかりと木目が立っています。

ラッカーベタベタ・塗装系ツヤツヤフィニッシュが好きな方もいれば、ビンテージなのにオリジナルの劣化した塗装が残った手入れなしの椅子を購入し、夏の暑い時に木部を触ったら垢のようなものが限りなく出てくる椅子に座っている方。

好みはあると思いますが、個人的にはここのところの出荷品は満足度100%に近い仕上がりです。

 

このFD133は少し前に現地で見つけたのです。

当時、私もここまでのものはその時まで仕入れたことがなく、まさに清水の舞台状態でしたが、こんな出会いはない!と、思い切って飛びました!

 

お別れ(売り上げ)も嬉しい反面、複雑です。。。(笑)

次回このモデルを見ることは可能なのでしょうか?

いや!また頑張って探してきます!

 

 

第44次買い付け報告:スウェーデン編4

商品紹介続きます!

190723-01

いいサイズ感のコーヒーORティーポット!
ブラックのGEFLEのコーヒーポットもかっこいい!!!

 

その後ろに控えているもの!

190723-02-1

 

これまた美しいメタルのコーヒーポット!

ウォーターサーバーでも良いのではないでしょうか!

 

 

 

 

190723-03

なかなかの風格!

 

 

 

190723-04

エリックホグラン。

190723-05

 

190723-06

これまたデザインの良い片手鍋たち。

元々の用途からデザインまで本当に多岐にわたり色々なデザインが北欧にはありますね。

 

 

 

 

190723-07

カトラリーたち!

 

 

 

 

 

 

 

190723-08

ロールストランド、スタジオもの。

 

 

 

 

 

190723-09

中でもこのスタルハンのミニチュアヴェイスは色違いで可愛い。。。

 

 

 

190723-010

モナ・モラレス・シュルト。

 

 

 

 

190723-011

 

フィンランドガラス、小品も揃いました。

 

 

第44次買い付け報告:スウェーデン編3

買い付け品紹介!

190723-1-01

 

小さな1950年代くらいの器が未使用品ぐらいの美しさで見つかりました!

 

 

 

190723-1-02

スウェーデン、ロールストランド!

 

190723-1-03

フィンランドもの。

エミリアのキャニスターありました。

 

 

190723-1-04

GEFLE。

ゼブラのコーヒーカップたちと謎のソーサーだけカラフルなシリーズ。

 

 

190723-1-05

グスタヴスヴェリ。

アダムのティーカップ!見つかりました!

 

 

 

そして謎シリーズ。

 

 

190723-1-06

スピサの形なのにお花柄。。。

しかもソーサーは形も違う!

 

 

 

 

 

190723-1-07

グレーのストライプ。

シンプルで渋い柄でした。

 

 

190723-1-08

しかもそこの部分がいい!!!

 

 

190723-1-09

ウッド系仕入れ品。

 

190723-1-010

そして謎なやつら。

 

190723-1-011

190723-1-012

 

こう見つめられると、連れて帰らねば!って使命感に取り憑かれます。