タグ別アーカイブ: 京都

Steen Ostergaard   阪急うめだ本店 時代マーケット2021

皆さま。スティーン・オステルゴーというデザイナーをご存知でしょうか?

210730-01

時代を感じさせるファッションと風貌がいいですね!かっこいい!

 

 

210730-03

北欧デザイン好きなら、まず持っていることでしょう。
TASCHENの「SCANDINAVIA DESIGN」、500ページ目からです。

また、織田先生の「デンマークの椅子」でも202ページ目に。

そして島崎信さんの「美しい椅子シリーズNO.5世界の合成素材製名作椅子」でも40ページ目に登場しております。

 

もちろんビージェネでも今まで取り扱いあり!こちらです。

 

 

210730-02

 

#290 チェアー。

上記参考書籍にもありますが、おそらくケアホルムやパントンの椅子からデザインを起こしたと思われますが、パントンチェアーより軽量化を図ったため、大きなデンマーク人を支え切ることができなかったようで生産は短期間に終わったようですね。逆にレア?

パントンチェアーはデビューが1967年とありますが、構想は1958年より。
オステルゴーの290チェアーは1966年とか68年とか、色々説があります。

なかなかのすれ違い具合。。。。

 

 

 

 

それはそうとして本題。

だいぶ前から倉庫で眠っていた「けしからんプラスチックチェアー」がありまして。

210730-04

こちらでございます。

上記、290チェアーも同一のシリーズ、A-LINEシリーズ。

「プレジデント・チェアー」

まさにプレジデント!

 

何故、倉庫に眠っていたかというと。。。。クッションがない!

オリジナルはこんな感じ。

210730-05

 

いやー、、、カッコ良いですねーー!!!

私の持っているブルーの椅子は、写真ではなかなかわかりにくいですが、傷あり、塗装も一部はげていたりと。。。。

210730-09

2セットあります。

表題にもありますがこれらをなんとか復活させ、今年の9月にあります阪急うめだ本店での「時代マーケット」に出展させたい!!!

これらをどこまで綺麗に仕上げられるか!

ところで、290チェアーはパントンやケアホルムのデザインと、、、、という話の続き。

今回のこのスツール。。。。

210730-06

 

そう、柳宗理さんのバタフライスツールに!!!
バタフライスツールは1956年デビューだそう!

 

普通にスティーンオステルゴーさんの公式ホームページ(?)多分こちらが見つかりました。まだご存命なのかな?

 

みなさん一緒にインスタ等フォローしましょう!

IYEYA 株式会社いえ屋   ARNE WAHL IVERSEN /NIELS MOLLER/ARNE JACOBSEN

先日、素晴らしいセットを納品してまいりました。

210719-01

アルネウォールイヴァーセンチェアー!
arne wahl iversen Glyngøre Stolefabrik

 

 

 

210719-02

 

シートには栃木レザー、ジーンズブラック!

タンニン鞣、ブラック!

 

 

 

 

210719-03

良い木目!

 

 

 

 

210719-04

ビンテージ・ラグと共に。

 

210719-05

テーブルはニルスモラー!!!NIELS MOLELR  JL MOLLER

 

 

210719-06

 

落ち着いた色目の木材とラグの色調がお互い引き立てあっているようです。

 

 

 

 

210719-07

照明にはアルネヤコブセン、AJ ROYAL. ARNE JACOBSEN LOUIS POULSEN

 

210719-08

エクステンションした姿も美しい!!!

町屋への納品でしたので、畳への影響など考えると何か敷物があったほうが良いですね。
重厚な梁を見せるような町屋作りには、こんなインテリアが合うと思います。

 

 

 

納品先は京都で不動産探している方でしたら皆様おそらくご存知。

株式会社いえ屋さん。

代表の田中さんには個人的にも大変お世話になっており、今回のご縁も大変ありがたく思っております。

 

自分が買えるわけじゃないけど、不動産情報ってみてるだけでもワクワクしませんか?(笑)

こんな物件で、こんな店をしてみたいな。とか、自分だったらこんなふうにリノベーションしてみたいな、、、とか。妄想が広がって時間がいくらあっても足りません(笑)。

新築建売には昔からあまり興味がわかないタイプだったので、まさに田中さんの物件、、、
まじ、どストライク!
話していますと、田中さんの「家」大好き感がビシビシ伝わってきます!

一生に一回、有るか無いかの相談するなら、そんな人、プロフェッショナルにお願いするのが良いんじゃないかな?と思います。

ちなみに納品先はIYEYAさんの新社屋です。

今の事務所より近々移転予定です。こちらの完成も楽しみですね!

リンク:株式会社いえ屋

210719-09

Enjoy plants in my style コトコトステージ71

阪急うめだ本店での催し。

今回は7階のリビングフロアーでの企画展
 「Enjoy plants in my style」と題して、緑を取り入れた生活スタイルを提案。

ビージェネレイテッドからは北欧ビンテージ家具をガッツリ持っていきます!

今回は前回の時代マーケットほどの大きなスペースではなく、リビングルームとダイニングルームをコーディネイト。という感じの規模です。

ただ、場所はコトコトステージ71という、エスカレーター上り口・下り口正面のスペース!

210407

 

家具もたくさんの新作を仕上げて持っていく予定です!

 

お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

ただ、このところ大阪でも感染が広がっておりますね。

わたしなどはこの期間、また大阪を楽しめる!なんて思っていましたが、ガッツリ時短ですね。。。。(涙)あーあ。

まあ、販売頑張ります!

流石にこの2週間毎日は出勤しませんので、もし事前にご予定わかる方、ご連絡ください。
もしくは直前でも携帯、メール、SNSでのメッセージ、どれでも返答可能な限りさせていただきます!

どうぞ皆さまもお気をつけて、お越しください!

 

 

 

L’odeur de kyoto (ローデル・ドゥ・キョウト)

  京都・北山に新たにオープンいたしました、L’odeur  de  kyoto (ローデル・ドゥ・キョウト)さんにお伺いしてきました!

210408-01 210408-02

 

北山通り、堀川から西に行ったところ。

通りから全面ウィンドウで、外からでも中の様子もしっかりと拝見できます。

 

 

 

210408-03

 

 

こだわりのバッグたち。

ヨーロッパで厳選したファブリックを中心にハンドバッグをデザイン、製作。

漆芸や京都の竹、西陣織、象嵌など…日本の伝統工芸を織り交ぜながら洗練された大人女性に似合う品格ある唯一無二のバッグ。

ある国のFirst ladyのお手にも、、、、、とのことです!

洋にも和にも合いそうな上質なバッグたちですね。

 

 

 

210408-04

 

これまた、ローズウッドチェストの引き出しを開けるとこだわりの品が!!!

 

 

 

 

210408-05

 

グレーテ・ヤルクのイージーチェア、ペアで。

ローズウッドネストテーブルと合わせて。。。

 

 

 

 

210408-06

 

今回の開店のお祝いも、いつもお願いしています未草さんに。

グナー・ニールンドの器に。

 

 

 

L’odeur  de  kyoto (ローデル・ドゥ・キョウト)さん
https://lodeurdekyoto.com

今回ご紹介しました場所は、店舗件アトリエとなっており、現在は完全予約制となっております。

ただ、各百貨店からのポップアップショップの依頼も多いようで、
もしかしたら、皆様のお近くでお目にかかれる事があるかもですね!

詳しくは、お店の方までお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

 

ホームページにスティグ・リンドベリのファイアンスシリーズをアップしました!

ホームページに主にスティグ・リンドベリによるデザインのファイアンスシリーズをアップしました!

210326-1 210326-2 210326-3 210326-4 210326-5 210326-6 210326-7 210326-8 210326-9 210326-10

 

ファイアンスシリーズとは9世紀以前よりあるファイヤンス焼きと同様、レンガ的な焼き物を素地に、装飾を際立たせるための白い釉を施したものに思い思いの図柄を書き込んで焼き上げた作品です。
似たニュアンスのものではマジョリカ焼きなどが有名ですね。

スウェーデン、グスタヴスベリ社では1930年台からウィルヘルム・コーゲがスタートさせてシリーズで、そのスティグ・リンドベリが引き継いでいます。

今回紹介している作品たちはどれも華やかで楽しくなる様な絵柄のものが多くありますね。

スウェーデンやフィンランドでこの時代花柄の文様が多く見られるのは、戦後の暗い雰囲気をこういった花柄などで明るくしていこう、という思いが込められていたとのことです。

また一方で、すでに大量生産により、より丈夫で安い磁器などの登場しているにもかかわらず、こういった古典的な手法により美術的表現をしていたというのは、当時の少し上から目線的な言い方ですが、必ずしも恵まれているとはいえない層の人々に、いわゆる「良い嗜好」についての教育を与える必要があるとした、国としての政策もあった様です。

ちょっとした洗脳政策ですね(笑)。

金任せのアートコレクターなんていうのは、よくありがちなどこの時代にもありそうな話ですが、無意識的に美しいものを見て、美しいものを使って生活をすれば、無意識的に芸術的な大衆になる!これは、今のどこかの国とは真逆のすごい政策だ!

日本でもいわゆる民藝運動というのは政策とまではいきませんが同様のものであって、当時の民藝作家と北欧デザイナーとの交流があったということは必然的であったと言えると思います。

スウェーデンでこのファイアンスシリーズを最策していた時期は、今のこの災禍と似た様な状況ですね。そんな状況の中で、こういった作品を生活の中に取り込むことで、より明るい楽しいおうち時間になればいいですね。