タグ別アーカイブ: kyllikkisalmenhaara

第44次買い付け報告:フィンランド編11

フィスカースに新しい美術館ができたということを、カイフランク の生徒でもあったあの大先生から教えてもらっていて、今回是非行きたいと思っていたのです。(もちろん、彼ともあって、またいろいろお話を聞けるのを楽しみにしていたので)

またせっかくですし、詳しい方に案内してもらえるのが一番ですよね!

ただ今回はとても忙しいということで断念することに。

また次回冬の買い付け時に行ければと思っています。

ただ、彼はセミナーなどでヘルシンキにきているということで、1時間くらいだったら時間が取れるとのこと!

急遽、大先生と会えることになりました。

190712-2-01

ルートブルック の大きなオブジェが飾ってある、市庁舎に行こうか!ということで、
カウッパトリの港のマーケット広場に到着。。。

 

 

 

 

 

190712-2-02

船が停泊中。

 

 

190712-2-03

売っているそうです!(笑)

どなたかいかが?

 

目的のルートブルック は残念ながら土曜日だったので、市庁舎お休み。。。。

そりゃそうだね。実は前回も工事中で振られてます。。。。

 

諦めてマーケット内でコーヒーを。

190712-2-04

 

今回滞在中に秋篠宮ご夫妻がフィンランド語訪問中で、実はフィスカースにも来ていた!

東京のルートブルック 展も見られていたので、まさかフィスカースのマーケットでついに秋篠宮ご夫妻もルートブルック をお探しか!なんて思ってましたら、そんなわけないか。

実は大先生、10年も前にも皇室の方がお越しの際にアテンドしたことがあったそう!

うーむ、さすが!

 

 

 

 

別れ際、実は大先生、まだ持っていました!!

190712-2-05

さりげなく、、、

 

190712-2-06

マーケットではもう高嶺の花となってしまっていたので手に入れるのはもう無理かと思っていましたが!!!

なんと最後の最後で2枚!

 

190712-2-07

ありがとうございました!!!

まさに夢のような1時間でした。

 

 

先生とのお話の中で、今アテネウムで興味深い展示をやっているからと教えてもらいました。

 

 

 

190712-2-08

早速その足で行ってきました。

 

190712-2-09

 

「SILENT BEAUTY・静寂の美」展

 

190712-2-010

 

フィンランド・スウェーデンアートと日本の民芸を中心とした東洋美術とを対比させて展示です。

 

 

190712-2-011

民芸と。。。。

 

190712-2-012

アラビアアートデパートの作品やフリーベリ、ニールンドなどが!

 

 

190712-2-013

 

中でもキリッキ・サルメンハーラの作品はこれまた心に突き刺さるドキドキものの作品ばかりで、さらなる蒐集意欲が盛り上がってきてしまいました!やばい!

 

 

図録も良さそうだったので買ってきました。英語なのでなかなか難しいですが、また興味ある方はお声掛けくださいね。(売るということではなく、店でお見せできるということ)

先日のデンマークでの展示にしてもそうですが、こちらの美術館は並べて対比して考察すること一貫してますね。図録もそれだけ見応えがある。

なんか日本はただ海外から作品借りました、並べました。的な?

だから図録も単なる写真集?まあ、買う方も考えなくていいし、どうせ見るだけだけどね。

 

190712-2-014

ドキドキを抑えながら今夜のメニュー、再度ホワイトフィッシュのクリームスープを作るために
ハッカニエミのマーケットへ!

 

 

 

190712-2-015

 

まあこれでホワイトフィッシュ食べ納めかな。

 

第44次買い付け報告:フィンランド編8

陶器編

続きます。アートピース系。

 

190710-2-01

なぜかロールストランドのスタジオマーク入りのものが!

フィンランドのマーケットを回ると、結構スウェーデンから来ている人、逆に、スウェーデンに出稼ぎに行っている業者の人が多いです。

いや、出稼ぎというよりはフィンランド・スウェーデンどちらにもお家を持っている、リッチなディーラーですね(笑)。羨ましい限りです!

 

 

 

190710-2-02

こちらはヨウコ・レコラが持ってたリンドベリのプレート。

美しいイエロー。ろくろではなく、型を使った成形のタイプです。

 

190710-2-03

ヒーカ・リサ・アホラの小さな装飾タイル。

 

 

190710-2-04

 

 

アラビアアートデパートメント、ヘイディ・ブルムシュテッドの作品。

知る人ぞ知る存在、かのジャン・シベリウスの娘。

シベリウスの娘の作る作品は、不思議と日本的なんです!

 

 

 

 

190710-2-05

けしからん表情してるのは、チェルベリー。

 

 

 

 

190710-2-06

 

そしてアウネ・シーメス!

 

 

190710-2-07

 

190710-2-08

ビッグバンです。

 

そしてそして、、、

 

 

190710-2-09

 

アウネシーメスの鋳込みのカップアンドソーサー!!

しかも6客セット!!!!

 

190710-2-010

 

190710-2-011

透けるほどの薄さと美しさ!!!

今までカップは単体で持っていましたが、こういうセット組のものだとは思っていませんでした!

しかも6客セットで見つかるなんて!まじ、やばいです!

 

 

 

いやーそして!!!

 

 

 

190710-2-012

でた!

サルメンハーラ。。。。。。

 

 

190710-2-013 190710-2-014 190710-2-015

 

しかも巨大。。。

神ってる。。悶え死ぬかと思いました。

 

第41次買い付け報告:フィンランド編4

買い付け商品の紹介、続き!!

180223 (1)

 チェルベリーのカップ&ソーサー!ティーカップサイズ沢山!!!

 +その他!!

 

 

180223 (2)

 オイバ・トイッカ!ロッキー!

 これも日本酒にピッタリ!

 

180223 (3)

 これはサーラ・ホペア。

 上部のグラス部分はうっすらと色がついているんです!

 何とも上品なショットグラスです!!!

 

180223 (4)

 そして、こちらもサーラ・ホペア、MAIJAグラス!!!

 ルビーレッド!

 

 

180223 (5)

 ナニー・スティル! ジュースセット!子供用!

 

180223 (6)

 ティモ・サルパネヴァ、フィンランディア。

 何とも美しいシリーズです。

 

 

 

180223 (7)

 いろいろ買い付けたので、いつものように部屋がごみ屋敷状態!

 活動場所を確保すべく、まず、1-2箱パッキング!

 とりあえず出荷しました!!!

 

 

180223 (8)

 郵便局の隣にある(ある場所もかなり公共チックな場所だけど。。。)スロットマシーン。

 堂々とあるもんだから、結構みなさん遊んでます。

 おばあちゃんもやってたり、、、(汗)、自由です。。。。別にフィンランドの人たち、誰も文句言いませんよ。

 

 

180223 (9)

 さすがのカード機能付き!!(笑)搾り取られそう!

 

 

180223 (10)

 せっかく街に出たので、もう少しいろいろ探ってみます!

 それにしても悪魔のようにサムい。

 30分も歩き回ると、芯から冷えてきます!!!

 

 

180223 (11)

 例のクラフトビールのお店で暖を取りながらビール。

 てな感じで、ゆるい感じでいたのですが。。。。。

 やばい出会いが有りました!

180223 (12)

 ルート・ブルック!!!!!

 

さらにさらに。。。。

 

180223 (13)

 キリッキ・サルメンハーラ!!!

 いやー、やばい!!

 出会ってしまいました!!

 

 

180223 (14)

 まさかの場所で私が来るのを待っていてくれたとは!(笑)

 神様に感謝、出会いに感謝!!!

 

 

 

38次 買い付け報告 フィンランド編9

ややこしいアイテムのパッキングもほぼ終え、楽しみにしていた展示に! 前回のキリッキ・サルメンハーラに続き、大好きなルート・ブルック展に。。。。

1607112-1

 そうなると天気も悪くなる。。。

 気にせず行ってきます。

 

1607112-2

1607112-3

バスに乗り込めば、青空も見えてくる。

 

 

1607112-4

バスで20分ほど。

エスポーにある、エマ美術館。

今回で3回目。タピオ・ウィルカラの木製オブジェの展示、ビルガー・カイピアイネンの展示。

どちらも素晴らしく、今回もはやる心を抑えつつ。。。。

 

1607112-5

まずはコーヒー一杯。

こころを落ち着かせます。

 

1607112-6

ここのところ、タピオ・ウィルカラ、ルート・ブルック、生誕100周年で、展示などの動きも活発になっています。

 

1607112-7 1607112-8

 何とも目の毒。。。

過呼吸で体にも悪影響を与えそうな展示でした。

あー、あの時の出会い、逃した悔しさ、、、
その美しさへの再評価。また、今まであまり気にしていなかった比較的新しい、彼女の大作。。。

ため息を何回ついてもつきたらない。。。
やはりご夫婦でどこか影響し合っているというか、天才同志でしか理解しえない世界なのか、、、

タピオファンでもある私からすると、この場所で息絶えてもいいくらいの展示でした。。。

 

1607112-9

 図録。

なんと、英語バージョンもある!

少なくても、このコラムを見ている方には絶対購入を勧めたい!!

美術館の人にも「日本のお友達に伝えてね」と言われたので、伝えておきます。
ネット注文できるそうです。

 

展示場内には貴重な1940年代のフィルムも放映されていて、 ルートブルックをはじめ、数々の私の大スキなアラビアアートデパートメントの作家たちと作陶風景が映されていました。

 中でも、女優並に美しいアウネ・シーメスに再度惚れ直しました。
いままであまり彼女の写真、無かったですよね。。。。

 

 

 

 

1607112-10

 ここの所のヘルシンキの天候は変わりやすく、青空が広がったと思ったら暗い雲が広がってたちまち雨。。。みたいな場面も多々ありました。

 

1607112-11

最終日、出発前に時間が有ったので、いつもの水辺のカフェへ。

ルート・ブルックの展示が有ったので余裕をもったスケジュールだったはずが、パッキングに手間がかかったのでかなりタイトになってしまいました。

 まあ、これも良いものとの出会いということで。。。。

 

1607112-12

 結局あっという間のフィンランド滞在でした。。。。

Thank you ,Jouko Rekola.

まあ、かれはネット見ないと思うけど。

 

38次 買い付け報告 フィンランド編3

いろいろ買い付けた中で、まずは陶器関連から。

160709-0

ゴーラン・ベックのスタッキングC&S!
これはグッドデザインです。久々の登場!

 

160709-1

ライヤ・ウオシッキネンのエミリアシリーズ。
最近ではだいぶ高くなってこちらも手の届かない感じになってきましたが、
これはキャニスターの蓋だけ(笑)。

このシリーズは見て楽しいので、かざってもよいかもね。

 

 

 

160709-2

ルスカ、久々に登場。

 

 

160709-3

ライスシリーズ。

コーヒーカップたちも久々の登場!

 

 

 

 

 

160709-4

大きな絵皿。

新しいものです。

 

 

160709-5

 こちらは逆にどこの物か解りませんが、かなり古いもの。

 手造り感と古さからくる風格でしょうか?意外に気に入ってます。

 

 

 

160709-6

フランチェスカ・リンドの小さなキャニスターたち。

コルクのふたはありませんが、ここまで揃うとかわいいです。

 

 

160709-7

こちらは誰かのサインと-43刻んであります。
おそらく、フィンランドの工房物、その作り、焼成具合など1943年くらいのものであることは間違いなさそうです。

 

 

 

160709-8

アウネ・シーメス。
残念ながら、ヒビ 有。

 

 

160709-9

 トイニ・ムオナの陶板。
 ブルーのシリーズは見たことありますが、こんなナチュラルな感じのものは初めてです!

 いい感じ!!

 

 

160709-10

こちらも、トイニ・ムオナ。

奇跡的な見込み。このまえ買ったガラスの器とそっくり。

 

 

 

160709-11

こちらはリサ・ハーラマ。

こちらも奇跡的な形!

 

160709-12 160709-13

 サルメンハーラの影響がどれだけ多大だったか!ですね。