タグ別アーカイブ: フィンランド

2020明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年もみなさまのおかげでなんとか無事終わることができました。

去年は年男として老いも感じながら、びっくりするほど早く流れる年月に焦る毎日でした。

今年はお店的にも少しチャレンジな年になりそうです。

また詳細が決まり次第報告させて戴きますが、より一層引き締めてスタッフ一同頑張って参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

毎年、特に印象的な商品を選んで年賀状にしております。
(恐らく皆様の所には未着だと思います。最終12月31日に投函していますので。。。
毎年のこと、、、こんなところから今年も改善できれば、、と、直せるはずもないのに思っています)

200101

 

カイ・フランクの試作品、ケトルです。
恐らく1959年にカイフランクがデザインし、当時部下であったイエラン・ベック(GORAN BACK)に指示し作らせたものです。
当時何種類か試作したものの中の一つです。
このケトル は真鍮の取手が直角に曲がったなんともモダンで潔い形ですが、そこにラタンが巻きつけられたデザイン。
どこか和のものに通じる部分があるように思います。

また、グリーンがかった黒の釉薬変化も大変面白いものになっています。

イエラン・ベックはその後アラビア社にて素晴らしいデザインのC&Sなどをデザインしたプロダクトデザイナーとして活躍した人物で、彼の初期、彼の手作りによる物です。

 

 

 

カイ・フランクの試作品は何種類かあって、どれもマニアの中では垂涎のアイテムですよね。ある書籍でカイフランクの教えを受けた方が違うタイプのカイフランクの試作品のポットを持っているのを見て、
『いいなー」と思っていましたが、「教え子である」と言う様な繋がりがないと手に入らないですよね。

ある時、なんのタイミングか忘れましたが、たまたまコペンハーゲンの超高級ビンテージ家具ショップのホームページを見ていましたら、そう!このケトル が「デザイナー不明」で載っているじゃないですか!!!(高級ショップですから安くはないが、高くはない!)

もうマジ急いで、まずホームページで注文を入れる!
すぐに現地の知り合いのディーラーに高級ショップの人間とコンタクトとってもらうべく連絡を入れる!

ということで、無事私の手元に来たわけであります。

どうもジョン・ベデル・リッパーという方、デンマークでプロダクトデザイン、また、展示会のキュレーターなどされていた著名な方だったようで、その方の遺品だったそうです。

デンマーク高級店でもフィンランド 物はわからなかった様です。
(裏に薄くサインありましたけどね(笑))

どうでしょう、ここ最近というより、ビージェネレイテッド立ち上げ以来のお宝の中でもかなりの上位品。

フィンランドで各方面(いや、師匠ヨウコ・レコラですが)に話しましたが、流石の師匠もこれには少しびっくりしてくれました(笑)。

 

2019年には神奈川県の美術館で「カイ・フランク展」が開催されていました。

残念ながら遠方で行けませんでしたが、多くの方々が高評価されていて、なぜ関西でもやってくれないのか!という、とても残念な思いが募りました。

カイ・フランクはとても日本が大好きだったようで、何回か日本を訪れています。
だからなのか彼のデザインにはどこか日本の匂いがするというか、親みを覚えるというか、、、、
なんとなくフィンランドと日本っていろいろな意味で似てるな?と思わせる根っこの部分でしょうかね。私も大好きな、いや、大好きというよりは尊敬するデザイナーです。

カイ・フランクは教鞭も取っていて、日本からの学生には「茶室に帰れ、無を求めなさい」と教えたそうです。

日本が大好きで理解も深いカイフランクさんには尊敬と共に、ありがたい、という感謝の気持ちすら生まれてきます。

そのデザイナーの考えや当時の足跡、こう言ったことを教えていただける当時のデザイナーと直接関わった人とのご縁など、当初は普通にウェグナーの名前すら知らず中古家具を輸入して販売していた頃からは考えられいほど、北欧デザインの奥深さにはまってしまっています。

てな、感じの商品でしたが、恐らくこの葉書を見られた方はまさかこれが、カイフランクのデザインだとは思わないかもしれませんし、ましてや、「カイフランクって誰?」っていうかたも多いと思います。

恐らく今年もこんな感じでゴーイングマイウェイな仕入れをして、私自身どんどん深みに嵌って、。

そんなマニアックなお話をまた皆さんに出来たらなあ、と思っております。

引き続き今年もどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 

Purje (プルエ) 奈良・宇陀市 デザートコースのお店

またまた良いお店ができました!

ただ今回は少し遠い。。。

奈良県宇陀市。

 

191030-01

山道を走る、走る。。。

 

 

 

191030-02

まだ走る。。。。。

 

気持ちの良い山道をドライブしながら到着した先。
(まあ、この時は軽トラ男二人での配達でしたが。。。(汗))

 

191030-03

 

ポツンと田舎にある一軒家。

ところが、、、、

 

 

191030-04

玄関開けてびっくり!!

どうですか!この玄関!この重厚感。。。

こりゃ、すごい物件とのご縁があったようです!素晴らしい!!!

 

191030-05

 

そしてそこに北欧ビンテージたちが!

エリックバック!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれの席から庭が眺められるようになっています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テーブルの製作は我らが坂田卓也製作所。

オーナーの希望のサイズの円卓に足を3本にすることにより、食事中でも無理な体勢にならずに庭を鑑賞することができます。

敷物はスウェーデンの1950年台のロラカン。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グラスはフィンランドビンテージ!

デンマークビンテージ椅子の張り地、スウェーデンのロラカン、フィンランドのカラフルなグラスたち.

素晴らしい数寄屋建築に若いオーナーお二人の感性が交わって、またいつもと違う興味深い空間になりました。

191030-09

 

そこに出てくるのが、こちら!!!

試食!!役得!!!

 

パティシエの松岡さんとソムリエの高橋さんのお店で、デザートコースのお店です。また、今後はランチなども手掛けていかれるようです。

少し前まで京都にいらっしゃって、それぞれのお仕事されていましたが、今回こちら奈良県宇陀市にPurjeをオープンということになりました!

良い季節になってきました!

皆様もぜひ!!!

 

 

Purje プルエ


デザートと北欧ヴィンテージ
住所:宇陀市大宇陀下宮奥318-2
電話:0745-88-9208
連絡:purje@kcn.jp
営業:土曜、日曜、月曜日
時間:10:00〜18:00
年齢:中学校以上
 INSTAG RAM:@purje3182
小さな店ですので、
ご来店の際はお電話頂けますと助かります。

 

Nordic Life Market at ブーランジェリー・ヤマシタ part3

まず入荷しましたら、小物たちを先に全部出していきます。

小物と照明関連はだいたい箱に入っています。

まずコンテナ入荷の際に箱だけ別に分けておいて、入荷作業終了次第、店舗まで持ち帰り!

191026-01

 

麩屋町店舗内、箱だらけになりました。。。
店内の様子、決して倉庫ではありません!(涙)

 

 

 

191026-02

 

だいたい半分くらい出たところ。。。。

まだまだ出ます!

って言うか、これらをこの店のどこに置くんでしょう?

 

実はイベントがあるんです!

 

 

191026-03

Nordic Life Market!!!神奈川県二宮のブーランジェリー・ヤマシタで始まってこのイベント!

もう3回目です!!

1回目は食堂のオープニングとして。2回目はその2年後。

さらに2年経って今回です!

いやー、食堂が出来て4年経つの?信じがたい年月の流れの速さです!

 

 

 

 191026-04

 

スケジュールです。

 

11月8日金曜日、ブーランジェリー・ヤマシタはお休みですので食堂を使わせていただき家具を含めたマーケットです。

そして、9日土曜日、10日日曜日はブーランジェリー・ヤマシタ通常営業日ですので食堂にあります棚を使わさせていただき、小物中心で販売いたします!
私は食堂の片隅にいますので、ご興味がある方には色々説明させていただきます!

今から何をもっていくか悩むところですが、皆様に楽しんでいただけるよう、また良いもの詰め込んで気合入れて二宮に参ります!

ぜひ皆様御立ち寄りください!

 

 

 

 

第44次買い付け報告:スウェーデン編4

商品紹介続きます!

190723-01

いいサイズ感のコーヒーORティーポット!
ブラックのGEFLEのコーヒーポットもかっこいい!!!

 

その後ろに控えているもの!

190723-02-1

 

これまた美しいメタルのコーヒーポット!

ウォーターサーバーでも良いのではないでしょうか!

 

 

 

 

190723-03

なかなかの風格!

 

 

 

190723-04

エリックホグラン。

190723-05

 

190723-06

これまたデザインの良い片手鍋たち。

元々の用途からデザインまで本当に多岐にわたり色々なデザインが北欧にはありますね。

 

 

 

 

190723-07

カトラリーたち!

 

 

 

 

 

 

 

190723-08

ロールストランド、スタジオもの。

 

 

 

 

 

190723-09

中でもこのスタルハンのミニチュアヴェイスは色違いで可愛い。。。

 

 

 

190723-010

モナ・モラレス・シュルト。

 

 

 

 

190723-011

 

フィンランドガラス、小品も揃いました。

 

 

第44次買い付け報告:スウェーデン編3

買い付け品紹介!

190723-1-01

 

小さな1950年代くらいの器が未使用品ぐらいの美しさで見つかりました!

 

 

 

190723-1-02

スウェーデン、ロールストランド!

 

190723-1-03

フィンランドもの。

エミリアのキャニスターありました。

 

 

190723-1-04

GEFLE。

ゼブラのコーヒーカップたちと謎のソーサーだけカラフルなシリーズ。

 

 

190723-1-05

グスタヴスヴェリ。

アダムのティーカップ!見つかりました!

 

 

 

そして謎シリーズ。

 

 

190723-1-06

スピサの形なのにお花柄。。。

しかもソーサーは形も違う!

 

 

 

 

 

190723-1-07

グレーのストライプ。

シンプルで渋い柄でした。

 

 

190723-1-08

しかもそこの部分がいい!!!

 

 

190723-1-09

ウッド系仕入れ品。

 

190723-1-010

そして謎なやつら。

 

190723-1-011

190723-1-012

 

こう見つめられると、連れて帰らねば!って使命感に取り憑かれます。