タグ別アーカイブ: ビンテージ

第46次買い付け報告:スウェーデン編8

買い付け商品紹介続きます。

220521-01-1spm1

シグネ・ペルション・メリンのグラス・ピッチャー。
ハンドメイド感の温かみもありながら、しっかりとした形があり、
好きなタイプです。

 

 

 

 

220521-01-2spm2

こちらもシグネ。RUBEN。

ハンドクラフトなガラスの揺らぎと分厚いガラスの質感がなんとも美しい!

小(ワイングラスくらい)4と、大(ビール位かな)が8。

滞在中、私は大でワイン飲んでましたが、、、、

 

 

 

 

220521-01e2

ホグランもたくさん有ました。

 

 

 

 

220521-02e4-1

 

 

220521-03e4

あるディーラーからでたのですが、何個かまとめて安くしてもらったら、さらに次から次へと出てくる!

せっかく出してきてくれたんで断るのも申し訳ないし、安くしてくれるんだったら全部買います的な、爆買いしてきました。

 

 

220521-04e5

 

 

220521-05e6

ERIK HOGUND 92とあります。

 

 

 

 

220521-06g6

カール・ハリー・スタルハン。

 

 

220521-07g3

ロールストランドのセット。

 

 

 

 

220521-08g4

可愛らしい魚柄ディナープレート。

お子様用でもいいですね。

 

 

 

220521-09g7

ゼブラのティーカップ

 

 

 

 

220521-010-1sg1

モナモラレスは一つだけ。

 

 

 

 

220521-010-2w1

ときにお客さんから、ようこんなもの買ってきますね。
とお褒め(たぶん)の言葉をいただきます(笑)。

わたしは、スウェーデンのディーラーたちが集めたものに、よくそう思うことがあります。誰が買うん?

この馬鹿でかい、オレゴンパインの構造物。ボウルですかね。

四方隅のアールから見ても只者ではありません。

カッコ良すぎたので日本に持って帰ることしました。

箱の幅にギリギリ入りました!

 

 

220521-010-3w2

これも私が大好きなディーラーから買ってきました。

通常はブロカント的なものを扱っていて私はあまり買わないのですが、いつも仲良くさせていただいています。

そんな彼女がこういったモダンを選ぶときの目線がこれなんですね。

ダンスク・クイストゴー、ローズウッド。

あの膨らんでいるところは、引っ掛けるところですかね。

私にはあまり用途が思いつかないのですが、ただただカッコ良いから買ってきました。

 

 

 

 

220521-010-4w3

リスの形をしたペーパーナイフ。

尻尾がペーパーナイフです。

ローズです。

 

 

220521-010-5w4

最近ホットな、ジョニー・マットソン。

 

 

 

220521-010d1

クイストゴーとパルシュス。

 

 

 

 

220521-011kf1

カイフランク、スキャンディアカトラリー、大量に!

 

 

220521-012kf2

これも奇跡!

まさかの街周りで見つけたカイフランク、オリジナルボックス付き。カルティオセット!

 

 

 

220521-013kf3

そう、最初のマーケットでまさかの発掘。

カイフランクのポカリでしたが、、、、

 

220521-014kf4

前述したように、メインのマーケットでポカリセット!!!

こんなことありえない!

しかもポカリ大はビージェネ初登場!

ビージェネに現在小2あるので、それらと併せてまた飾りたい!

日本に到着するのが待ち遠しいです!

 

第46次買い付け報告:スウェーデン編6

このマーケットに来るもう一つの目的ともいって良い、

220520-014

 

はい!会場のスタッフたちも待ち構えております。

 

220520-015

 

ワイン飲み放題!

まあ、元来の酒好きですから、こんなビンテージアイテムと素晴らしいインテリアを散策しながらワイン飲み放題なんて、金払ってでもしたいです。

ほろ酔いになりながら、アイテム探索。財布の紐も緩むってもんです。

それがこの会場の罠!

 

 

まあ、良いもの買えました。

220520-016

いきなり写真デカくなってしまいましたが、ここでまさに2年前、コロナが蔓延する前の最後のこの同じマーケットで、アトリエ・ファウニのデッドストック、人形たちを大量に売ってくれたおじさん登場!

前回はお菓子の箱だったか?

今回は靴の箱!

220520-017

スティグのファイアンス・リーフプレートに乗って登場のSNIFF。

まさにアトリエ・ファウニオリジナル、1950年代。それもここまでのパーフェクトコンディション!

実は週末にあったマーケットでそのおじさんに再会して、

「今回アトリエ・ファウニアイテム探してるんだよ」と伝えると、

「よし!」と、

「来週のマーケットに持って行ってやる!」

で、来た子がこのスニフ。

しかし持ってきてもらったはしましたが、お値段は?
驚愕の値段!!!!。。。。いや、今回はしょうがない、そう、しょうがないのです。

ただ、一つだとボリューム感というか、インパクトが足りないかな?
もう少しないのかな?と恐る恐る聞きましたが、スニフはダブってるんだって。

だから売れるんですって。他は売れんよ。と。
どこかで聞いたセリフ、いや、自分に心当たりがなきにしもあらず。

色々話をしていると、本当に色々なことに詳しくて、プリントなんかにも精通してそう!
今回もスニフと一緒にリンドベリを持ってきていて、モダンも集めてるのか?と聞くと、
「いや、これは交換要員だ」とのこと。
自分の欲しいものがあったときに、交換用として色々なマーケットに行ってはモダンも買って用意しているんだって(笑)。

すごいな!


古いおもちゃ関連の色々なコレクションをもっていて、

「そんなんんだったら、美術館作れるね!』っていうと、弟と美術館をしてたんだよ!って。
驚愕のコレクター!なにもの!

まさにスウェーデンのヨウコ・レコラ登場!ってとこでしょうか。

今度うちに来なよ!っていってくれたんで、また、その日が来るのを楽しみにしてます。

220520-018

おじさんと別れた後、ふとみてると、いやーなんとなんと。

パパじゃないですか!こんなことってあるんですね!

連れて帰ります!

 

 

220520-019

 

どこかでみたことある、さる。

ビージェネの方向性がコロナで変わってしまったのか?と思われてしまいますが、しっかり色々買い付けてます。

 

220520-50

 

220520-51

220520-023

チェルベリーのけしからん大皿!

 

220520-024

そして、カイ・フランク。ポカリセット。

こんなセット、フィンランドでもみたことない!

全部行っときました!

 

 

220520-025

 

220520-026

 

2日間行きましたが、ちょっと寂しい結果。

以前までだったらこの2倍はあります。

このマーケットメインで来たんですが、たまたまその前にマーケットがあったのと、ヘレナ姉さんのおかげで2年買付していない分を補充できる問題ない量を買い付けできましたが、このマーケットだけだったらやばかったかもしれません。

前にも書きましたが、やはりコロナの影響か、少し出店も少なかった気がしますし、その前のマーケットでディーラーが分散してしまった感もありますね。

 

第46次買い付け報告:スウェーデン編5

今回のメイン、マーケットが始まります。

220520-01

それにしても毎日良い天気!

もうこちらに来て数日経って、マスクなしの生活が続いています。

街中でもマスクしている人は百人に一人くらいです。たまに見ると言う感じです。

それにしても、毎日外出時に「はっ」とします。マスク忘れた!

いやいや、そうだ今はスウェーデンだ!と。

もうなんかこうした固定観念が染み付いてしまっていることが怖いです。

 

 

 

220520-02

電車でマーケットへ!

たまにあるスウェーデンのおもしろ電車内広告。

白蛇を巻きつけたヘビメタ風のお兄さんが笑顔で、うさんぽ中のお姉さんに声をかけています。
また訝しげな表情のお姉さんも笑えます。

日本だったらすぐさま、「こんな気持ち悪い広告を電車内に出さないで!」ってなクレームをつける人出るでしょうね(笑)。それに真摯にとらえ、撤去する鉄道会社。おわってます。。。

スウェーデン語なので何を広告しているのかわかりませんが、捻りのあるこんなの大好きですけどね〜。

 

 

 

 

 

 

 

220520-03

 

到着です!

 

 

 

 

220520-04

やはりコロナ明けと言う事もあり、少し人でも少ないのかな?

会場の空きスペースを見ると、出展のお店も2割くらいすくない様な気がします。

でもそこそこ賑わっていて安心しました。

 

220520-05

入り口にはビンテージカーの展示。

 

 

 

 

220520-06

こちらも特等席での出店。

もう10年以上前ですかね。

昨日街中調査しに行ったSKUSTULLという駅付近に、真っ暗で小さな店の中には山ほどのガラクタ(これは失礼)が積まれたおいさんのお店があったのですが、それがなくなって、ピッカピカのモダンな店になっていました。これまたすげー店出来てるじゃん!と思い色々物色したついでに、「昔ここにアンティークショップ、あったよね?」ときいたら、それ俺の親父。

あの薄暗い小さな店を、息子がここまでしたとは!素晴らしい!

 

220520-07

こちらは先日、実店舗の方にお邪魔したオーナーのブース。

それにしてもお店の名前がむずかしすぎて、いまだに発音できない。

日本語風にいうと、パフェむ手羽人間。スウェーデン語の5階っていう意味なんですけどね。

 

 

 

220520-08

 

こちらはわれらがヘレナ姉さんのブース。

また、アアルトの椅子から、サルトのツボ。私は買えないけど。

 

その他、多種多様、それぞれの世界観でお店作ってます!

 

 

220520-09

 

220520-010-0 220520-010-1

こちらもスウェーデンのロラカンラグをうってる店。

これ見よがしに100万のラグを通路に引いてます。

 

 

220520-010-2

避ける人8割、全く無視で通り過ぎる人、2割(笑)。

220520-011

この家具は前から気になっていたんですが、現代物の様です。

アールデコとかのビンテージかと思っていました。

 

 

 

 

220520-012

シンプルな棚。

サイズも良いしいいなと思いましたが、結構高かった。
フィンランドものらしい。

 

220520-013

構造はいかにもシンプル。

強度を持たせるのに何か仕組みがあるのだと思いますが、変にアイディアをこねくり回し作られた家具よりこういうシンプルなもので十分な気がしますけどね。

 

もちろん仕入れが重要ですが、色々と勉強になり参考になること多いです。

 

 

 

第46次買い付け報告:スウェーデン編4

次の日のマーケットに備え、今日は夕方からいつものヘレナ姉さんと会う約束。

ほんと毎日天気も良いので、せっかくだし街中調査に出発!

220519-1

 

まずはたまに行くセカンドハンドショップから!
みなさん、ここでお気づきでしょうか?

手前下の方に、ティモ・サルパネヴァのスオミシリーズのボウルがあるのを!

こんなのを見ると、もしや中にはティモのセットがどっさりとあるんじゃないかとドキドキで、アドレナリンも上がってくるのですが。

結局、あったのはカイ・フランクのプリズマグラス一個。

ホルムガードのペア・ルトゥキンのグラスが並んでいたのですが、しっかりと値段がついていた!!少し前まではスウェーデンではあまり知られていないので、アホほど安い場合があったんですが、こんな場末のセカンドハンドでも、もうそんな時代ではなくなってきました。

220519-2

 

気を取り直して、街中調査。

 

 

 

 

 

220519-3

 

一軒お目当てにしていたアンティークショップが見当たらなかった。。

気が付かずに通り過ぎたのか、、、無くなってしまったのか。。。

 

 

気を取り直して更に調査を続けると!!

 

 

220519-4

 

いや、まじか!

こんな場所にカイフランク、カルティオセット、オリジナルボックス付きが!!!

一緒にローズの箱もゲット!

これだけでも回った甲斐がありました!

 

220519-5

近くのおしゃれカフェにて、ひとり余韻に浸る。。。。

 

そしてヘレナ姉さんのところに!

220519-12

 

ヘレナワールドが!

 

 

 

 

220519-6

 

220519-7

 

220519-8 220519-9 220519-10 220519-11

 

 

 

220519-13

どこかのフリマ一会場分より出ました。

 

 

220519-14

 

部屋も一層ケイオスに。

梱包材の山は見ない様にしています。

 

 

第46次買い付け報告:スウェーデン編3

日曜日ですし、時差で普通に5時くらいには起きていたのでフリマに行ってきます。

コロナ前でも他のお店が空いていない様な日曜日であれば、日本からの観光の方もたくさんいらっしゃる様な、もう広く知れ渡ったマーケット。もちろん地元のディーラーも沢山きているので、ほぼほぼ期待薄なマーケット。

まあ、持ってきたブーランジェリー・ヤマシタバッグいっぱいになれば良いとこかな、、、、と、。。。。

220518-1

天気も良いし、少し寒いけどマーケットにゴー!

 

 

 

 

220518-2

ちょっと早くきすぎた。。。

でも、早くきたからかな?
一品一品づつだけど、袋に追加されて思いもよらず、だんだん膨らんできた!

 

 

220518-3

 

そして、STIGのHAGAセット!

これは嬉しい!!!

もう袋はパンパンです!!!

 

 

 

220518-4

そして!さらに! グスタヴスベリの謎のカップたち。
名前も知りませんが、ブルーとグレーの手書きの柄がシンプルで良い!

ついでにホグランも!

こりゃ持ちきれん!袋もいい加減破けるぞ!
いや、でも持ち帰る!

 

 

220518-5

そして、そして更にスティグのPUB。
この広場、そのままのデザイン!

ここでこのプレートに出会うなんて、それこそ邂逅です!

 

220518-6

こちらが実物。

まんまですね!

今はホテルになっていますが、もともとこの建物は百貨店で、若かりし頃のグレタ・ガルボも働いていたらしいですよ!

 

 

 

220518-7

少し経つとだいぶ賑わいも出てきました。

 

 

流石に朝からの仕入れで疲れてきました。

で、ここにきたらこのカフェ!

 

 

220518-8

 

歴史ある設えが美しいです。

 

 

 

220518-9

開店直後に入ったので、セッティングのこの美しさ!

コーヒー飲み放題です。

 

 

220518-10

美しいカウンター。

 

 

220518-11

朝食。

 

 

220518-12

京都で言えば、イノダコーヒーにいっとけよ的な、ほんとおすすめ。

 

 

220518-13

最終的にヤマシタバックはパンパンに。

プラス、ホグランとあのセットが入った箱です。

売ってくれた髭のおじさんは、タクシーで帰ったら?
といってくれましたが、いやいや、これくらい持って帰るよ。とカッコつけていってしまった手前、やはりあまりの重さに直ぐの地下鉄の入り口で諦める事も出来ず、頑張ってホテルまで持って帰りました!

気候が良かったので助かりました。

 

220518-14

 

こんな感じ。

部屋のケイオスぶりが増していることは言うまでもなく。

 

昼前だったので、洗濯も。

220518-15

 

それにしてもすごい乾燥具合。

2−3時間でパリッパリに、このシャツ立つんじゃないか?って言うくらい(笑)。